印象をコントロールする力を身につけるコース

エグゼクティブやエグゼクティブ予備軍は
こういったことで悩んでいる

私が提唱している「エグゼクティブプレゼンス」

今でこそ、言葉を知る方は
意識の高いビジネスパーソンやグローバルな企業を中心に
増えてきましたが、
提唱し始めたことは、説明するのに本当に時間がかかりました。
(まず、言うのが難しいですよね。「エグゼクティブプレゼンス」)

2015年に最初の本を上梓しましたが
「一流の存在感」から始まるタイトルになったのは
「エグゼクティブプレゼンス」は
当時あまりにとっつきにくすぎる言葉だったからです。
かわりに、出版社の方が考えてくださったのが「一流の存在感」

ちょっと前まで、理解していただくのに、けっこう苦労していたのです。

アンケートでわかったこと

知る人が増えてきたおかげで
私のメールマガジン
「エグゼクティブプレゼンス初級講座」
購読して下さる方も増えました。

この購読者は経営層にいる「エグゼクティブ」か
企業の上層部への昇格や仕事での成功を目指す
「えエグゼクティブ予備軍」と言える方々が多いです。

このメールマガジンの最初のほうで
「どうして購読を始めたか」という質問を始めとした
アンケートをとっています。

回答を見ると、
こんな悩みや目標が集まっています。

!大人としての品格や雰囲気を身に付けたい
!ワンランク上のステージの雰囲気や身のこなしを本気で身につけたい
!人の前に立つ機会が増えてきて、身のこなしが気になり始めた
!リーダーとしての存在感をもっと出せるようにしたい
!もっと経営者としてのオーラ、カリスマ性を身に着けたい
!営業で役員クラスと会うことが多いので相応の雰囲気を持ちたい
!頼りなく見られるのを何とかしたい
!「エグゼクティブプレゼンス」を磨くよう、上から言われた
!もっと自分が高みへ行く為に、体系的に知識を身につけ、実践したい
!コンサルタントとしての格を身に付けたい
!自分を変えて、もうワンランク上になりたい

いかがでしょうか。
こういう悩みや目標を持つ方が必要とするのが
「エグゼクティブプレゼンス」です。

もし、上に「自分が持つ思いに似ている」と思うものがあるなら、
あなたが必要とするのも「エグゼクティブプレゼンス」です。

 

必要なのは「印象コントロール」

「エグゼクティブプレゼンス」はひとことで言うと
「上に立つ人にふさわしい上質な存在感」です。

例えば、堂々とした態度や、
質の良い装い大人の品格というべきものがあったり、
きちんとした振る舞いが印象的な人は
「さすが」「一流」「きっとすごい人に違いない」と
誰でも「格の違い」を思わず感じます。

この
「エグゼクティブプレゼンス」は、
いくつかの要素が複合的に影響し合い、
発せられるものです。

ただし、それは天賦の才能ではありません。
後天的に身につけられるものです。
そして、「ほんの少しの差」から生まれるものです。

 

身につけるための方向性のポイントを
私は下記のように3つ説明しています。

●印象コントロール力
人の語感に働きかける「印象」を高める意識と知識を着実に身につけること

●コミュニケーション力
人の心理の理解を進め、人への効果的な接し方を知り、人に働きかける力を高めること

●自己設計
自分が目指す姿をよく認識し、それを実現していく意図をもつこと

この中でも、
「いちばん最初に手を着けるべきもの」
また「他の2つにずっと影響するもの」が
「印象コントロール力」です。

なぜなら、
まずぱっと見たときの「華」「オーラ」は
「格上」と見られるためにますは必要なものですよね。

しかし、そういった第一印象のような「見かけ」だけが
「印象コントロール」ではありません。

「印象をコントロールする力」はコミュニケーションでも
欠かせないものです。

「表現力」「非言語的コミュニケーション能力」として
コミュニケーションの「うまい・ヘタ」を
はっきり分けるのです。

また、自分が持つ意図を自分で理解し
能動的に自分の印象を操ろうとする意識は
自分のセルフイメージを上げ、確固たる「自信」の源になります。

ですから、私のセミナーやトレーニングは
「まずは印象コントロールから」なのです。

印象コントロールに必要なこととは

今、ビジネスパーソンの意識は
どんどん高くなっていっています。

それとともに、
「エグゼクティブのイメージアップ」を
うたったセミナーも増えています。

しかし、それはほとんど表面的な服装のことを扱うだけだったり
「上品なマナー」を習うだけのものだったりします。

服装やマナーは、もちろんとても重要なことです。
はずせません。

しかし、「それ以前に」体系的に学んだほうがいいのは
ご自身の表情や視線、動作のこと、
「人から見られる」のはどういうことなのかという理解
というしっかりした土台的なことです。

また、同じ服装でもただのオシャレだけではダメです。
しっかりと「立場」「役割」「それにふさわしい格」を
わからせられるものでなくては。

それには「TPOに関する知識」
「『格』に関する知識」なしでは
エグゼクティブの服装としては心もとないと思います。

 

体系的に学ぶとは、必要な要素を順序良く学ぶということです。

そこで、私のトレーニングでは以下のような流れにしています。

・印象コントロールの前提となる知識を得る
・人間の魅力を理解する
・表情や笑顔を磨く
・アイコンタクトと眼力を磨く
・姿勢をきめる

・正しい歩き方
・洗練された動作のセオリー
・人との距離感
・お辞儀と挨拶
・声や話し方の工夫

・「ふさわしい服」の考え方
・服装戦略の作り方
・正しいドレスコードの知識
・クラス感の出し方
・似合う色や色の心理

成功したいなら知識を体系的に学び、
意識を効果的に高める。

上の流れは「印象のコントロール」のノウハウを知るために
一番わかりやすい順序であり
また、意識する範囲をだんだんと広げていっていただける順序です。

できるだけこのようにしっかりと、
これからのエグゼクティブの方々や
その予備軍の方々には
知っていただきたいと思っています。

とりわけ、上のような悩みや目標を持つ方には
特に「印象コントロール力」を高めていただきたいと願います。

ただ、そういった方々はほとんどがお忙しいのが現状です。
だからといって、一人一人に合わせる個人トレーニングでは
非常に高額になります。

そこで「オンライン学習を自分のペース」で行っていただき
学びの過程で私のアドバイスを聞きにきていただきたい、と
グループセッション付きのトレーニングコースを設けました。

もっと長期にわたり、トータルで学んでいただくコースは
すでにリリースしていたのですが、
「まず印象コントロールが急務」と考える方や
「まずは基本的なところから始めたい」という方に
向けて「印象コントロール編」として
新たに編成してリリースします。

こちらからご覧ください。

EXPアドバンスコース 印象コントロール編

 

ぜひ、この機会にご参加くださいますよう
願っています。

丸山ゆ利絵

 

 

まだ「エグゼクティブプレゼンス」を知らないなら
無料の初級講座もあります。

これがあなたの分岐点になるかもしれない