「上質感」を持つ人の秘密

一流の人が必ず持っている「上質感」
それは「磨かれていること」

 

気配り上手で優しい人にも感じる
一流の人が持つ「一種の近寄りがたさ」
それはどうやって生まれているのでしょうか?

「威厳」というより「上質感」

一流の人は気配りが上手な人が多く
気取っている人は決して多くありません。

しかし、それであっても
一流の人には
どこかしら「近寄りがたさ」のようなものを
感じる人は多いようです。

「威厳があるから」という場合もありますが
どちらかというと、
一流の人が醸し出す「上質感」のせいではないかと思います。

「私なんかが近よっていいのだろうか」
立派な芸術品などを見ると
そんな気持ちになることがあります。

それと似たような感じで
相手が、自分が持たないような「上質感」を
持っているように感じると、
どこか引け目を感じて一歩後ろに下がってしまう。
こんな気持ちになるのかもしれません。

例えば、
他に無い気品のようなものを感じる
人格が優れているように感じる
よく物事を知り、経験値が高いように感じる
非常に高い教育を受けた人のように感じる
どこかスケールが大きい人のように感じる

もちろん、
実際に中身がともなっているからこそ
こんな印象を人に与えていると言えば
そうですが、

ごく外見だけに特化して見てみると
このような上質感は、その人の何から
生まれているか、興味ありませんか?

丁寧であり、丁寧すぎない

一つだけ確かなことがまずあります。
「一流の人に粗野な人はいない」
ということです。

私が社会人になったばかりのときに
最初に感じた「エラい人とそうでない人との違い」、

(非常に子供っぽい言い方ですが、
単純にそう考えていたのでお許しください)

それは、
「エラい人は、私のような新人にも言い方や態度が丁寧である」
ということです。

これは本当に最初「目からウロコ」でした。
何となく「エラい人は威張っているもの」と
思っていたからです。

もちろん、たくさんお会いした中には
乱暴な言葉遣いや態度で接してくる人や
人と人と思っていないようなあからさまに無関心な態度を
見せる人もいるにはいました。

しかし、そういう人たちは
ポジションとしてはそう高くなく
評判もそれほど聞かない人が多かったように
思います。

本当にポジションが高く
周りに尊敬されている様子の人は
やはり違いました。

例えば、お茶をお持ちすると
お話し中でも
わざわざこちらに会釈したり
「ありがとう」と言葉をかけてくれたり

用事を言いつけるにも「ちょっといいかな」と
こちらの都合を聞くワンクッションと
用事を完了したときの「ありがとう」の言葉と
微笑みは必ずセットでした。

非常に丁寧な敬語を使ってくれるとか
微に入り細に入り気を使ってくれるといった
「過剰な丁寧さ」はなかったのですが
きちんとこちらに向き合い、
一定のリスペクト感を感じさせる
態度、表情、言葉をお持ちだったのです。

それはとても暖かく、快活で
堂々としていらっしゃるのを感じました。

節度やリスペクト感を堂々と表現できる人が一流

さて、こんな人が醸し出す
一流の「上質感」。

これを身にまといたいのであれば、

「私は、人に乱暴にしません」
「気を使っています」

という方でも、注意が必要なときがあります。

欠かせない条件が一つあるのです。

それは、接する相手が
あなたの節度やリスペクト感を
きちんと受け取れる、ということです。

「私はふだんから人に気を使っています」
という人でも
相手からみた表情や態度にまで気が回らず
冷たく横柄に見えることがあります。

逆に、気を使い過ぎて「へつらう」ような態度になり
快活さや堂々としたところが感じられないと
「上質」と人が感じるところはなくなってしまいます。

相手に対しての節度やリスペクト感を
堂々と表現できれば、
相手はそれを受け取ることが容易です。

それだけでなく
その人に人間的な自信が備わっているのも
感じることができるでしょう。
そうなれば人としての余裕も感じられます。
こういう要素が「オーラ」にもなるのです。

これがあなたの分岐点になるかもしれない