一流人の余裕のポイント

一流と二流はここが大きく違う!一流人に感じる「余裕」のポイント

一流の人には「余裕」を感じる、と誰もが口をそろえます。

では、その「余裕」を感じさせるポイントはどこでしょうか?

sas025

 

 

 

一流の人の余裕はこんなところから感じます

 

一流の人から感じる、一般の人とのいちばんの違いは「余裕」であると感じます。

経済的なものから来る余裕? 成功している方々なので、それもあるかもしれませんね。

しかし、

仮に経済的に同様のレベルにある人同士でも

「この人は一流」と感じる人とそうでない人とは、

違いが歴然としているように思うのです。

 

では、一流人の余裕を感じるポイントはどんなところにあるのでしょうか。

 

一流人はふだんの表情や姿勢で「落ち着き」を見せる

 

見た目が落ち着いていることに、「一流の条件」を感じる人は多いのではないでしょうか。

では、見た目の落ち着きとはどんなところから来るのでしょうか?

 

いちばん大事なのは、ふだんの表情や姿勢なんですね。

引き締まった顔つき、まっすぐな姿勢は、一目で「落ち着きや品格」を相手に伝える力があります。

また、椅子やソファーに座っているときの、手や足の位置、

腰かけ方の角度でもまったく受ける印象は違います。

実は、上のような部分で「余裕が感じられない」「威厳がない」と

損をされている方はとても多いのです。

ちょっと気を付けるだけで、あなたの印象が変わります。

 

 

一流人は会話を心地よくする

会話の態度には、一流人とそうでない人の違いははっきり出ます。

特に、人の話をじっくり聞くような様子。

もちろんお忙しい方が多いので、一人の人の話を聞く時間的なゆとりは本当はそれほどないのでしょう。

それでも、関心を持ってきちんと聞いているような様子に見えるのです。

それが、傍から見ると人間的な余裕を感じさせ「さすが」となるのです。

 

その秘密は何でしょう。

表情や視線やあいずちの様子です。

相手を見たり、うなずいたりするしぐさに暖かみがあり、自然であること。

例えば、ホテルなどのラウンジで、ホテルスタッフが何か話しかけたようなとき。

一流の人は、耳を傾けるような動き、ほほえみ、うなずき、がきちんとしています。

相手を見て「わかった、ありがとう」、などの言葉をきちんとおっしゃるのも特徴でしょう。

反対に、余裕の感じられない方は、視線がよそをむいたり、無表情。

「ああそう」ぐらいしか言わず、ひどいときには無言です。

ご本人の本当の性質はわかりませんが、傍から見ると冷たく、また横柄な態度に見え、精神的に余裕がない印象を感じてしまいます。

相手への思いやり、社会人としての会話のマナーがありさえすれば、それだけで「余裕」を十分感じるのです。

一流人は「行動選択」をしている

ご紹介した二つのポイントは、日常的なことであり、簡単なことです。

一流人のもうひとつの「余裕」のポイントは「行動選択」。

一流の印象を人に与える人は、「態度や振る舞い」を意識的・無意識的に統制しています。

高いところにあるコントロールタワーから、状況や相手を認識し、

自分にふさわしい行動を命じているようないイメージです。

そのコントロールタワーの部署名は「信念」「価値観」「セルフイメージ」です。

これに照らし合わせて自分の引出しから「自らふさわしいと思う行動」を選びます。

引出しの中身が多い、つまり選択の幅を持っていることも特徴です。

それが周囲から見て、一段高いところにいるような余裕を感じてしまうのです。

 

まずは最初の二つから。

それから、自分の行動選択の幅を広げていきましょう。

人に与える印象の管理、

コミュニケーションの基礎的な力、

自分の内面に対してのアプローチは、

選択の幅を増やすのに大変役立ちます。

ぜひ、意識して身に着けていってください。