あの人の「違い」とは?-エグゼクティブプレゼンス

同じ人間なのに、何が違う?

仕事はできるようだ。人柄もいいし、部下との関係も悪くない。

しかし、「上に行く雰囲気」じゃない
エグゼクティブプレゼンスが違うんだ。

米国ではよく「エグゼクティブプレゼンス」という言葉を使います。

例えば、

「AとBの二人は、キャリアも同程度でどちらもけっこう成績がいい。
でもBの方はあまり出世するタイプじゃないな」

こんなセリフの後に

「Bにはエグゼクティブプレゼンスがないからね」

という風に。

 

 

日本ではあまり日常的に使いませんが、
かわりにこんなことを言ったり聞いたりしないでしょうか?

「仕事はできるが、上に立つ者の威厳があまり感じられない」

「いい人物だが、品格というか、人前に出る雰囲気ではない・・・」

「役職の割には頼りない感じだ」

いかがでしょう?

エグゼクティブプレゼンスとは?

エグゼクティブプレゼンスは、
一言で言うと「エグゼクティブらしさ」。

つまり、上に立つ人にふさわしい威厳や重厚感、
落ち着きや品格、
堂々とした態度やふるまい

のようなものを表します。

この言葉には「えらそう」「威張っている」
というようなネガティブな意味はなく、

「さすが、と感じる」「憧れる」「影響力がある」という
ポジティブで尊敬を含んだニュアンスで使われます。

 

上に行く人は持っている

 

そんな、出世や成功の鍵として存在する
「エグゼクティブプレゼンス」は、
米国だけの話ではありません。

上の例にあるように、
「上に行くには『らしさ』が必要だ」という考え方は、
日本でも決してめずらしいものではありません。

いえ、むしろ世界共通と言えるでしょう。

 

論語には

「君、君たらざれば、臣、臣たらず」
(主君が主君らしくないのであれば、
仕える人もまた仕えようとはしない)

という言葉もあります。

ここ2、3年で日本でも
「エグゼクティブプレゼンス」の言葉を
前より聞くようになってきました。

例えば弊社で引き受ける企業の幹部研修。
以前は「経営者のマナーやふるまいについて
研修をしたい」というご依頼でしたが、

「エグゼクティブプレゼンスを身につけさせたい」
という言葉が出るようになって来たのです。

それだけ、必要性が明確になり、
注目されてきたのでしょう。

 

ある会社では、企業合併の流れで
欧米駐在経験のあるCEOが加わったとたんに、
緊急に幹部研修が計画されました。

その研修項目のひとつが
エグゼクティブプレゼンスについてです。

「今後、当社の幹部としていてもらうからには、
エグゼクティブプレゼンスを
早急に身につけてもらわなければ困る」

そのようにお達しを受けた人事担当により、
研修が計画されたのです。

 

外資系の会社では、
通常の幹部研修の項目にエグゼクティブプレゼンスを
組み込んでいるところも多いですが、

今後は日本資本の会社でもどんどんそうなってくるでしょう。

 

その会社の幹部の印象やふるまいは社風に影響し、
当然のことながら
企業イメージを形成する大きな要素となることも
わかってきています。

 

人はだまっていても、
その存在やたたずまいから多くの情報を発信しています。

自分を見る人間が多くなればなるほど、
自分が無言で発するメッセージへの責任を
顧みる必要がないでしょうか。

あらゆる情報が拡散しやすく、
人々が感覚的になっていく現代ではなおさらです。

仕事ができていれば、
どう見られてもかまわないという
内面信仰や能力至上主義、

個人のことだから本人の自覚にまかす、
という自由放任主義の考え方は

これからは、
どの企業でもステークホルダーに対して
通じなくなります。

 

企業幹部だけではなく、
人に指示を与えたり、
専門的な知識を伝授したりする立場であれば、

受ける相手が安心して、耳を傾け、
充分な信頼を寄せられるような雰囲気づくりを、
まず自分に課したほうが良いでしょう。

 

ですから、エグゼクティブプレゼンスは、
社長・経営者や上級管理職だけでなく、

コンサルタント、弁護士、税理士など専門家、
自分をブランディングしたい起業家の方々も
意識すべき概念なのです。

 

 

丸山ゆ利絵 (アテインメンツ合同会社代表 プレゼンス・コンサルタント

 

———————————————————————-
エグゼクティブプレゼンスをもっと知りたい方へ
無料でわかる初級講座をお届けします。

これがあなたの分岐点になるかもしれない