「エグゼクティブ」とは何か?

「雰囲気」はわかるが「意味」はよく知らない。
「エグゼクティブ」もそういう言葉かもしれません

 

「エグゼクティブって、何でしょうか?」

私は人からこういった質問をたまに受けます。

「エグゼクティブって
どういう意味で、どういう人ですか」

何となくわかるようで実は正確に知らない
「エグゼクティブ」もそういう言葉かもしれません。
こう言う言葉の意味を聞くのは
割と勇気がいりますよね。

私は「エグゼクティブ・プレゼンス」
(エグゼクティブらしい雰囲気や振る舞い)に関する
トレーニングやコーチングをする身なので
セミナーや講演のあとに、
「実は、お聞きしたかったのですが」と
切り出されて質問されたりします。

そのときに「こうではないか」とお答えしていることを
同じことを疑問に思っている方のために
お話ししていみようと思います。

ただし、「定義」ではありません。
辞書を見れば書いてありますので、
実際に「エグゼクティブ」の語感がもたらすもの
です。

それは「上に立つ人」に
周囲が期待するものでもあるのです。

「エグゼクティブ」の言葉が示す意味

(以下:参考「WISDOM英和辞典」)

とはいえ、定義はしっかりお勉強しておきましょう。

英和辞典によりますと
英単語としての「エグゼクティブ(executive)」は
名詞、形容詞のどちらの意味も持っています。

名詞だと
「経営者、役員、幹部、重役、取締役」
という役職を持つ人や職位を示す意味や、

「行政官、執行部」など
執行権を持つ人や執行する役割を持つ部署の意味
があります。

形容詞でも
「経営する、執行権を持つ、行政の」と
何かを行う権限を持つというニュアンスが強いです。

CEO(Chief Executive Officer)は
「最高経営(執行)責任者」のことですよね。

ですから、組織上で言えば
高位の役職についている人やある程度以上の決裁権がある人は
エグゼクティブと言えるでしょう。

しかし、「イメージ」を考えると
組織上での役職や決裁権があっても
「エグゼクティブ」という感じを受けない人はいます。

それは、その人にある種の「高級感」が欠けているからかもしれません。

「エグゼクティブ」の言葉には
「幹部用の、経営陣のための」と
上のような立場の人たちのために用意された、といった
特別感を感じさせる意味もあります。
そしてその特別感の派生でしょうが
「高級な、高品質の」という意味にもなります。

高級ホテルによく「エグゼクティブ・フロア」とか
「エグゼクティブ・スイート」という部屋タイプがありますが
そういう呼称のフロアや部屋タイプは
調度品が高級だったり、特別なサービスがついていたりと
「高級な、高品質な」という意味にふさわしいものです。

それに加えて
「経営幹部など、
ポジションが高くビジネスで活躍するような人に
役立つような使い勝手の良さ」が
考えられていることが多いです。

ここまで見ると

ポジションが高い、上層部にいる。そして
実力があり、またそれに見合う高級感にふさわしい

そんな雰囲気を持つ人たちのイメージが
浮かび上がってきますね。

「セレブ」「カリスマ」と同じようなものですか?

「エグゼクティブ」という存在を
「セレブ」「カリスマ」と似たものかと
思う人もいます。

確かに「セレブ」や「カリスマ」は
一般より上層部のイメージで
高級といった『におい」を感じる言葉です。
でも、やはりそれぞれ違うものであり
人が抱くイメージも
期待されるものも違うと感じます。

例えば「セレブ」というと
ハリウッドなどのセレブのような
華やかなキラキラ感あふれるファッションや
ごく上品な社交における振る舞いがクローズアップされます。
また、「著名人」をさす言葉です。

しかし、「エグゼクティブ」という言葉には
著名であることよりも、
ビジネスにおける存在感や重要感のような価値を
感じさせます。

人がひきつけられる「華」や
成功している雰囲気の高級感やリッチさは
「エグゼクティブ」から感じますが
キラキラときらめく華やかさとは少し違う気がします。

ビジネスの世界にある価値観の中で
高い評価を受けるのに値する雰囲気が
必要と思います。
例えば
「重要な仕事をするのにふさわしい」
「指導的立場にふさわしい」
「何かを代表するのにふさわしい」
という雰囲気です。

ですから、どちらかと言えば
「地に足がついたイメージ」であるのが
「エグゼクティブ」です。

「能力が高い」「知的」「信頼」「品格」
「エグゼクティブ」に無意識に期待するのは
このようなイメージ・キーワードです。

また、「カリスマ」とも違うと思います。

「カリスマ」とは
何かの能力や感覚、使命感、思想
あるいは恵まれた容貌など
何かの才がとてつもなく傑出しており、
それゆえに羨望や支持を集める存在です。

カリスマは、その傑出したによって
アンバランスさや鋭利さを内包することがあります。
そして、そこがまた人を惹きつけることも多い存在です。

しかし
「エグゼクティブ」は
「上で活躍する」「管理する」「経営する」役割です。
そこにはアンバランスさや鋭利さは危なっかしく
期待されるとしたら「安定感」「威厳」「品格」です。

それに、
「エグゼクティブ」は
天賦の才がある一握りの存在ではありません。
多くの企業や業界にしっかりと存在します。

運命のようにあたえられた才能や使命に応えるというよりは
自身で能力や才覚を磨き、自分を伸ばしてきた人のほうが
断然多いはずです。
ですから、エグゼクティブとカリスマとは別の存在であり
「エグゼクティブ」は後天的な努力によってなれる存在です。

(確かにあまたのエグゼクティブの中には
カリスマはいますが、少数だと思いませんか?)

ビジネスの世界で、
能力や才覚を磨き、示している人。
重要な仕事や役割を任されている人
それにふさわしい雰囲気がある人

・・・「エグゼクティブ」の語感から
感じられるイメージです。

見たとたんに『エ・グ・ゼ・ク・ティ・ブ』と感じる人

「エグゼクティブ」は見たとたんにそう思います。

こんな言い方をしたり、聞いたりしたことはありませんか?
「もう、『エ・グ・ゼ・ク・ティ・ブ』という感じの人・・・」

本当に見たとたん、会ったとたんに
「エグゼクティブ」とストレートに感じさせる人が
いるものです。

「責任のある仕事をしていそうだ」とか
「仕事の実力がありそうだ」という雰囲気に加えて

上にも書きましたが
人がひきつけられる「華」や
成功している雰囲気の高級感やリッチさも
「エグゼクティブ」と感じさせる条件でしょう。

装いや振る舞いが洗練されている、とか
態度に大人の余裕があるなどの要素も
その中に入ります。

そしてどこか
「周囲から大事に扱われている」または
「周囲から一段上に見られている」と
感じさせるものがあります。

それは自信のありそうなところです。
虚勢ではなく、
無意識で自己肯定感が高いと思わせる堂々とした雰囲気を
「エグゼクティブ」という言葉は感じさせます。

エグゼクティブとは、そしてエグゼクティブ・プレゼンスとは

まとめますと、
「エグゼクティブ」とは
ビジネスの世界にあって

●重要な役職や役割を任されている
●能力や才覚を磨き、示している
●重要な仕事や役割を任されている
●それにふさわしい雰囲気がある

という条件を満たし

華、能力が高い、信頼感、安定感、余裕
知性、品格、成功者にふさわしいリッチさ
そして、自信、堂々
といったキーワードを体現できる存在です。

 

そして、付け足しますと
「エグゼクティブ・プレゼンス」は
そうした雰囲気そのものであり、

それをきちんと身にまとうことにより
役職や役割、立場にふさわしいということや
ワンランク上であることを示す知的戦略と言えるものです。

 

ご興味のある方はトレーニングなどの内容をこちらからご覧ください

これがあなたの分岐点になるかもしれない