「一流」は自分で「スイッチ」を入れる

 

「一流」と「二流」の差は
自分で「スイッチ」を
入れられるかどうか。

いきなりこんなことを言ってしまうと、
「何のことか」と
思われるでしょう。

自分のコントロールができると
オーラも自分で自在に作れる
というお話しです。

 

一流は自分で「気分」に入る

一流の人は
自分で自分を「その気」にするのが
上手い方ばかりです。

会社の代表として人前に出れば
それにふさわしいような
自信や威厳を漂わす人間に
ぱっとなりきります。

このような人は
人前に出たときに
自分の中で
「自信があり威厳がある人物」の状態に
なります。
自分で「スイッチを入れる」を入れて
その状態を作り出します。

これは「アンカリング」と呼ばれる
セルフコントロールの一種です。

なるべき存在にふさわしい「自信」
成功する確信
感情の程よい盛り上がり
こんな状態を
自分の中に瞬時に
作ります。

そうすると、
顔つきや身のこなしなどにも変化が生じます。
表情などが自信に満ちて生き生きとし
動作は堂々と活力が出てきます。
それが雰囲気全体に華をもたらします。

一流の政治家や経済人、
芸能人、スポーツマンには
必要に応じて無意識に近い状態で
自分のスイッチ入れている人も
いるのではないでしょうか。

実際、人前に出る時や何かの場面のときに
自然に必要な状態に「入る」人を
何人も見たことがあります。

あなたも「そう言われれば」と
思い出す人がいるでしょう。
もしかしたら、あなた自身が
もうそうなのかもしれません。

 

「一流のスイッチ」を自分に作ろう

 

こういう
「気分の切り替えスイッチ」を持つことは
一般のビジネスパーソンにとっても
役立つことだと思いますし
可能です。

条件はあります。
どの分野でもそうですが
最低限必要なスキルというものが
あります。
ビジネスパーソンであれば
自分の自信の源となる仕事力は必要です。

それに加えて、
自分にとって理想的な外面の状態を
作るための知識も必要です。

例えば自信に満ちた表情や姿勢、
堂々とした動作がどんなものかは
ある程度知っておかなければ
なりません。

あとは自分の内面に問いかけましょう。
なるべき存在にふさわしい「自信」
成功する確信
感情の程よい盛り上がり
こんな理想的な状態を思い出したり
想像したりします。

記憶や想像力を働かせ
自分の中に
理想的な状態になったときの自分を
再現/創出します。
五感をフルに使って
そのときの自分の感情や身体の状態を
味わうのです。

何より
「自分はその状態を作れる」と
思わなければいけません。

これは自己暗示の一種ではあります。
そして、こんなことで効果があるとは
信じられないままの人もいます。

しかし、
自分の内部に変化を起こすと
外部の状態はその内部の状態に
合わせようとする作用があるのです。

元気が無い状態であれば
外からもそれとわかってしまうでしょう。
同じことなのです。

オーラを持ちたい人は
オーラを持った人の内面を
自分で作ってください。

少なくとも
その「気分」さえ持てない人が
オーラを自分に持たせ
人を惹きつけるわけがありません。

エグゼクティブらしい雰囲気を
身につけたい、と思いながら
今一つうまく行かない人は
このようなメンタルの部分を
うまく自分で盛り上げられない
のが理由、ということも
実はよくあります。
色々なことを学んでも
最終的に「その気」になる
スイッチを入れられないままなのです。

もったいないな、と思うことも
しばしばです。

そんなスイッチ
ぜひ持っておいて、
これから入れられるようにしてください。

 

 

丸山ゆ利絵
プレゼンスコンサルタント®

 


上の「自信に満ちた表情や姿勢、
堂々とした動作」について知っておきたい方はこちら

これがあなたの分岐点になるかもしれない