エグゼクティブのマナー講座

 

社会で活躍しつつ、信頼され、尊敬され、そしてポジションや収入も順調に上がっていく

そんな人になるなら「振る舞い」には神経をとぎすましておいたほうがいい。

あなたは「エグゼクティブ」と呼ばれる存在になりたくありませんか?
エグゼクティブとは、言ってみれば「デキる人」「上に立つ人」と言い換えることができます。
社会で活躍しつつ、信頼され、尊敬され、そしてポジションや収入も順調に上がっていく人のイメージです。

今まさにそういう存在になりかけている人、あるいは今からそのような存在を目指す人、
そんなあなたに必要なのは、「エグゼクティブにふさわしい立ち居振る舞い」です。

それにはマナー的心得がもちろん大切ですが
それは
ただの決まり事としてマナーを覚えることではありません。
社会でしなやかに生きるための知識やセンスを自分の中に取り込んでいくことです。
そのような情報や心得が、仕事でもプライベートでも成功と自信を増やしていくのです。

弊社では「エグゼクティブのマナー」は「ソーシャルセンス」と言い換えています。
決まりごとにただ従うのではなく、自分の力で振る舞いを選択することができる知識やセンスを身につけていただきたい。その願いが「ソーシャルセンス」と言う言葉に表れています。

 

シーン別にとらえたいエグゼクティブの振る舞い

 

 

 

ソーシャルセンスのポイント

デキる人、上に立つ人としては知っておきたい振る舞い方。まずはここからというポイントを説明しました。

 

 

 

 

食事やパーティ

「食べる」行為は、品性など人格も見られてしまうところです。会食やパーティなどでの振る舞いはあなたというブランドを高めることができますが、うっかり失敗するとビジネスでも思わぬ損をしかねません。気をつけたいポイントはここで。

 

 

 

 

ホスト・エスコート

「ホスト・エスコート」の関係は「もてなす人ともてなされる人」です。男女の別なくもてなす人/もてなされる人の役割になれば、それをきちんと果たすことが必要になります。一方で、社交の場面などでは「レディファースト」の自然な振る舞いはやはり評価の対象です。どこでどういう振る舞いを選択するのはあなたです。自信を持って時代に合った選択をするために、きちんと知識を持っていてください。

 

 

 

服装のマナー

上に立っ人になったらマナーとして知っておくべき、ドレスコードや装いのルールにはどんなものがあるのでしょうか?

 

ビジネスリーダーが知るべきドレスコード

  服装はその人のラベルと言われます。特 “ビジネスリーダーが知るべきドレスコード”

エグゼクティブのスーツルール

  スーツ=鉄板のビジネス服。 長い歴史 “エグゼクティブのスーツルール”

 

 

 

 

 

本当にデキる人”になりたい方のための「10の秘訣」がメールで学べる

 

無料講座

無料で購読開始









 

読者登録はこちらから

メールで更新情報をお届けします

いつでも見られるオンデマンド講座