「オーラ」を生む「眼力」

「あの人、オーラあるよね」
そんな風に言われる人は、何が違うのでしょうか?

今回テーマとして取り上げた「オーラ」は、
スピリチュアルな世界でいう霊的なエネルギーとは少し違います。

あくまで、その人から発する雰囲気や空気感の強さ、
あるいはなぜか目を引くところです。

あなたは「オーラがある人」というと、どんな人を思い浮かべますか?

アイドル? スポーツのスター選手?
それとも世界的に著名な経済人でしょうか?

その人に感じる「オーラ」というのは、
例えばどんな感じのものでしょうか。

「いつも魅力的でキラキラしている」という方もいれば、
「にじみ出てくる自信」や「威圧感を感じる」という意見もあると思います。」

そのような印象を生み出しているのは何でしょうか?
「眼」です。

特に大きい影響があるのは「眼力」です。

「この人にはオーラがある」と感じる人がいたら
ぜひこっそり観察してみてください。

眼に力があることに気が付くでしょう。

「眼に力がある」とは?
「眼に力がある」という感じは、
感覚的にはわかってもらえると思います。

できるだけ具体的に言うと次のような眼の状態です。

・目の周囲の筋力が強い(弛緩していない)

・視線がまっすぐである

・眼の粘膜に光沢がある

・目元の血行が良い(どんよりしていない)

 

いかがですか?

仕事柄、色々なビジネスパーソンや経営者の方とお会いし、
よく「もったいない」と思うのが
「眼の周りがゆるんでいることで損をしている人が多い」
ということです。

眼の周りがゆるんでいるとは、
まぶたが下がり気味だったり
目尻周辺のハリがなかったりすることで、
精彩なくどよんとした印象になっていること。

実際、個人レッスンなどでは鏡を見ていただき、
眼の開け方と力の込め具合を少し変えていただくだけで、

表情がバシッと決まって雰囲気が様変わりし、
ご本人もびっくりすることがあります。

眼力を鍛えて逆に内面を充実させる

眼は脳と直結する唯一の感覚器官と言われます。

そのせいで
その人間の心理や健康の状態は
眼に反映されやすいことも知られています。

だからでしょうか、

人間の本能は、相手や他人の眼の動きや表情に対して、
自分たちが想像する以上の関心をはらっているそうです。

 

つまり、コミュニケーションでも、
自分の心理への影響でも「眼」は大事な器官なんですね。

人間は、重要な決断をしたり、自分に気合を入れたりするときには、
眼と眼の周辺に力が入ります。

 

つまり、眼の周囲の筋力は、それだ活発な内面活動を表します。

相手をまっすぐ見ることができるのは、自信・誠意・強い気持ちの表れ。
粘膜の光沢や目の周囲の血行などは健康・健全である状態の表れ。

 

眼の力によってこんな風な印象が形成され、
相手に対して「魅力」「自信」「威圧感」などの印象に変わるのです。

 

さて、内面の充実が眼力の強さを生むのではありますが、
身体の状態と心理は、逆の流れ、
つまり外見や身体の状態を心理が反映することもある、
というのをご存知でしょうか。

もし、あなたの眼の周辺が弛緩しかけているとしたら、
それはあなたの内面や自信にあまり良くない影響を及ぼしているかもしれません。

反対に「眼力」を鍛えることは、
相手からの印象を変えるばかりではなく、
自分の内面に働きかける効果があります。

私が今日あなたにお勧めしたいのは、
ご自分の「眼力」を強く意識していただき、

見た目の印象とともに内面への働きかけとして
役立ててくださいということです。

眼の周囲の筋肉は、筋肉。
筋トレで上腕二頭筋が締まり発達するように、
鍛え方次第で眼も顔も変わります。

疲れて来たら、眼にぐっと力を込めて気合を入れてください。
気分だって変わります。

今後、眼力を鍛える簡単エクササイズもご紹介していきたいと思います。

興味があったら、まずこの無料講座から始めてみませんか。

これがあなたの分岐点になるかもしれない

Top