一流人の服装とは

できる人は服装のルールを知る

一流人の服装とは

 

あなたは、仕事の服装をどのように決めていますか?

適切な服装選びは意外と難しいものです。

特に仕事での服装は

選び方の基準を間違うと、

人に与える印象の失敗につながり

ビジネスの損失になってしまうこともあります。

 

そもそも、仕事での服装は何を基準にすべきでしょうか?

仕事によって、仕事中の服装に求める機能は違いますので

一概には言えません。

 

ただ言えることは、

あなたが人の上に立つ経営トップや管理職、

あるいは士業やコンサルタントなどの仕事をされている方であれば、

あなたの「信頼感」「能力の高さ」を

周囲に感じさせることができることが

服装選びの一つの基準になります。

 

それに加えて、

「プロフェッショナルであること」を感じさせるような雰囲気、

仕事や会社のイメージを引き上げるような雰囲気を持たせることが必要です。

 

もちろん、

人間にとって磨くべきはその中身であり、

人格や仕事能力は何よりも大切なところです。

 

しかし、周囲から見て、

その人間の中身をどうやって判断するかというと、

結局は外見から受ける印象です。

一人一人に自分がどんなに有能で素晴らしい人間かを

説明して回るのは無理ですね。

それよりも、まず相手に

外見の印象で信頼を持ってもらった方が話が早くありませんか?

 

このことを知り、戦略的に服装を選んでいるのが一流人です。

 

服装から読み取れるのは

あなたのセンスの良さだけではありません。

 

服装はあなたの社会的常識、品位、ライフスタイルを雄弁に語るものです。

 

さらに気になるのは、

自分が自分自身のことをどう思っているかも服装に表れることです。

 

あなたが実際に自分の立場や能力をどうとらえているか、

周囲にとっては外から見るだけで伝わることなのです。

それが言葉によらない「感覚」の不思議さというものです。

 

もしもあなたが日頃、

「ラクさ」「好み」「気まぐれな気分」で服装を選んでいるのなら、

こと「仕事」などオフィシャルな場面に関してはやめましょう。

 

それがビジネスで利益をもたらすことはまずありません。

ごくプライベートな時間の楽しみにとっておくべきことです。

 

自分の服装についてもう一度見直してみてください。

それには下の質問に答えてみてくださいね。

●人にどう見られれば成功かを意識しているか

●自分の好みの格好だけではなく、会う相手のことを考えているか

●スーツの正当なルールを本当に知っているか

●きちんとした服装のルールがわかっているか

●身に着けているものの色や素材、「格」までがきちんとコーディネートできているか

●「おしゃれ」だけで自分の服装を評価していないか

●「コーディネートの粋なはずしワザ」のつもりで「ただはずれているだけ」になってしまっていないか

●靴やソックスやバッグ、名刺入れや手帳など「小物」に手を抜いていないか。

 

これらに自信をもって「大丈夫」と言えることが、

一流の人の「できる」服装ルールです。

 

あらためて一度見直してください。

「もっと、こうしたい」が見えてきますよ。

 

 

 

ビジネスに必要な感覚「ドレスコード」や「コーディネート」を学ぶ

「スーツ塾 動画講座」

動画でわかりやすく「スーツの着こなし方」「TPO]を学ぶ

<