【これだけは!】エグゼクティブの身だしなみとケア(女性編)

女性も油断すると?

身だしなみやケアは社会人の常識。
エグゼクティブには特に大切です。

 

清潔感がなければ、「存在感」「オーラ」どころか
普通の好感や信頼さえも得られません。

加えて、「エグゼクティブ」なら
加えて自分をどれだけ整えているかは
「セルフマネジメント力」を表すものです。

また周囲への配慮など「社会的センス」
問われる部分です。
日本人男性と比べ、日本人女性は清潔感のある方がほとんどです。
それだけ気を使っている人が多いのです。

しかし、注意したいのは
「気をつけているのに、見落としがち」
というところです。そこに注意して見ていきましょう。

 

なお、この記事の前提として「清潔感」ははずせません。

●シャワーや入浴、洗髪は毎日が常識 

●ヘアセットの前にブラッシング。フケが肩に落ちていては興ざめです。

 

 

 

①全身鏡と合わせ鏡を持っていることがマスト

上半身だけどか、顔だけとか、
自分の一部しか見ることのできない鏡しか
持っていないなら、
自分の全身をチェックできていないということなので
大問題です。

全身が見られないと、
コーディネートのバランスがわからないし
衣服のシワやシミも見逃しがち。
それでは最低限の清潔感も感じられません。

持っていない人はすぐに購入を!
プラス合わせ鏡を用いて、後ろまでチェックするのを
習慣にすることです。

⓶ネイルを盛るより手指のケア

ネイルは女性ならではの楽しみです。
しかし、手指のケアそっちのけの
「盛り過ぎネイル」はおすすめしません。

個性をアピールするのも仕事のうち、
という業界もあり
そういうところでは
「装飾が多い凝ったネイル」自体は
問題にならないかもしれません。

しかし、装飾を大事にするあまり
手指を見るとガサガサと荒れていたり
爪が長すぎたりすると
むしろ装飾がないよりも「クラス感」が
落ちてしまいます。

また、
オフしてやり直す時間がなかなかとれず
一部がとれていたりすると
それこそ魅力も半減です。

「忙しくて」と言い訳をしてもムダなこと。
「清潔感の無い印象」という評価が
周囲からかえってきます。

爪先をキレイにするなら、
ケアも含めて本気で
ネイリスト予約のサイクルを考えて
美しさをキープしてください。

 

⓷ オーラルケアは外せない

歯の汚れ、口のニオイは
人に与える印象に対しての致命傷に近いモノです。
海外のエグゼクティブは
歯科のアポイントメントを優先して取る、
といわれる所以です。

特に中年以降は、かなり気をつけないと
あっという間にいやな口臭を発するようになります。

女性はルージュで口元を美しく飾るせいか
口臭があると、大きなギャップとなって
いやなイメージが周囲に植え付けられてしまいsます。

下記3点は守りたいところです。

●定期的に歯科で口腔内チェックとクリーニング。
●毎食後に歯磨き。
それが無理なときには必ず洗口液で念入りにうがいをする。
●ホームケアでは、「舌苔」を専用ブラシでかき出すことも習慣にする。

 

 

⓸ ストッキング

女性の大半は
仕事中にストッキングを着用してます。
もちろん伝線には最も注意。
それとこんなところにも。

ストッキング伝線は
最も注意が必要なところです。
一つ替えのものを常備する用心は
しておいたほうがいいでしょう。
朝出る時に合わせ鏡で
チェックも怠らないようにしてください。

また、伝線や穴のほかにも
「キズ」や「毛玉」が
意外と目立つものです。

「キズ」「毛玉」が目立つのは
こすれやすいところです。
カカト、靴のストラップが
触れるところなどは
朝履いたときに、
状態をよく見て判断しましょう。

少しでもダメな場合は
もったいないですが
廃棄処分に。

そして、できるだけ透け感があるものを履いた方が
上質なイメージに見えますので買う時に意識してください。

 

⓹ ヘアの色やツヤ

男性と比べて女性は
髪が長いヘアスタイルが多いものです。
ですから、髪の毛の痛みなども
女性が目立ちやすいのです。

毛先の痛みが目立ったり
ツヤ無しのガサガサの髪であると
エグゼクティブらしさや
クラス感は格段に落ちます。

そうならないよう、
毛先のカットはこまめにし、
トリートメントなども
積極的に行う必要があります。

⓺ ヘアカラー

が長いヘアスタイルが多いだけに
ヘアカラーにまつわる現象も
目立ちます

全体や毛先の退色、
そして痛みが無いように
することがマスト。

自宅で染めて
良い状態でキープするのは
かなり難しい技です。

信頼できるサロンで
プロの手でカラーをしてもらいましょう。

また、頭頂部に地毛の色が
目立ち始め「プリン」になるのも
非常にイメージを悪くします。

これを防ぐためにも
毎日鏡で全方位から
チェックしてください。

そして
いったんヘアカラーをしたら
レタッチやカラーは
きちんとサイクルにしたがって
行う必要があります。

1か月で髪が伸びるのは
約1cmほど。
地毛よりかなり明るい色の
ヘアスタイルの場合は
1か月未満で行く必要があります。

 

⑦香りマネジメント

女性は香りを使いこなす人が多い、
これは良いことです。
ただ、「つけすぎ」が問題となることが。

「フレグランスは基本的に素肌につける」
これは、香りの研究家も言っていることです。

人の肌に乗せ、
体温とともにゆっくり香るような
つけ方がおすすめです。

強く香り過ぎたり
「これは〇〇の香り」と
ブランドや銘柄を言い当てられるような
つけかたは品が感じられません。

つける場所、量、つけ方
すべてに気をつけましょう。

人の鼻孔に近い場所
「うなじ」や「耳ダブ」など
よく言われる場所は
実は専門家から見ると
おすすめできないところです。

うまく香りやすいのは
二の腕、ウエストあたり。

スプレーで1~2プッシュ
ふわっと乗せるように
つけるのがおすすめです。

下記の香りマネジメントも参考にしてください。

香織マネジメント

第一段階

イヤな臭いは徹底的にカット。身体を清潔に保ち、ワキなど汗をかきやすいところには制汗剤を塗るなど「臭い対策」をします。また、汗の多い季節などは、出先でも汗をぬぐえるようなシートなどを活用すると、気分もさっぱりするし、堂々と振る舞えます。

第二段階

日中のビジネスにふさわしい香りを自分にプラスします。ご自身のポジションや普段のスタイル、自分のイメージなどから、似合う香りを選びましょう。さわやかな透明感のある香りから、華やかで複雑な香りまで、お似合いの香りにはさまざまなタイプがありますが、ここで「自分に似合う香り」を本気で選びたいですね。なお、日中は濃厚な香りは避けてください。

第三段階

日中のビジネス、ふだんのカジュアルスタイル、夜のディナーやパーティなど、シーンに応じて香りを使い分けます。仕事のあとで、どこかにかけつける、と言う時には、日中の香りに夜の香りを重ね付けすることもよくありますので、最初から相性の良い香り同士を選んでおくと良いです。

 

⓼ メイクアップ

メイクアップの巧拙は
身だしなみの状態を左右します。
するのだったらきちんとする、これがポイントです。

「身だしなみ」の観点から
女性のメイクで目立ちやすいのは
主に以下の部分です。

●ファンデーション
●アイブロー
●まつげ
●ルージュのライン

ファンデーションは、
塗りムラや毛穴が目立つと
清潔感のあるイメージになりません。
ペーパーなどで肌をおさえ
ムラや油分を取るようにし、
質の良いパウダーをつけると
かなり軽減されます。

アイブローは、コツや取るべきラインは
しっかり知っておきたいところです。
1mmで容貌や表情をガラリと変えるのが
眉の怖さです。
エグゼクティブ女性には
プロによるメイクアップレッスンなどの
「勉強」を最もおすすめしています。
また、アイブロウに使う色系統は
パーソナルカラーの診断を受けておいたほうが
似合う色がわかって便利です。

まつげは以下の状態は
インテリジェントに見えず
見た目の品格を落としますので。
気をつけて下さい。

●マスカラが濃くダマになった状態
●はっきりと「つけまつげ」とわかるように
つけまつげがついている状態

ルージュのラインは
左右均整がとれていなかったり
本来の自分のくちびるから
1mm以上も離れたところに
書いたようなラインは
非常に不自然に見えて
その女性の魅力や格を
落とします。

これらは、忙しい身支度のときに
つい注意がそれてしまうものです。
ぜひお気を付けください。

 

 

 

いかがでしょうか。
エグゼクティブに限らず
社会人にとって、清潔感があることは大前提です。

そして「清潔感がある」ということは
「清潔である」こととは
少し違います。
誰が見ても「清潔感があるように見える」
ということが、あなたにとって
重要なのです。

女性エグゼクティブには特に気をつけていただきたい
常識の身だしなみやケアについてお伝えしました。

 

このテーマの男性版はこちら

本当にデキる人”になりたい方のための「10の秘訣」がメールで学べる

 

無料講座

無料で購読開始









 

読者登録はこちらから

メールで更新情報をお届けします

いつでも見られるオンデマンド講座