Specialist=【西岡めぐみ

外食がちな女性のためのローフード入門②

『ローフード』とは『RAW=生の』『FOOD=食べ物』という意味。
生で食べることにより、植物の酵素や栄養素を効果的に摂れて、
健康や美容・ダイエットにも効果が期待される食事法です。

食べるなら、絶対こっち!?
女性に嬉しいカカオ豆の栄養素を
効率よく摂れる「ローチョコレート」

2月を前に、バレンタイン商戦がスタートしました。

百貨店などでは、国内外の有名ショコラティエが作るブランドチョコを集めたイベントが大人気。最近は、自分へのご褒美として憧れのチョコレートを購入する女性も多いとか。実は、私もその一人。愛犬のトリーツを入れられるような可愛らしいケース入りのものをチェックしたり、なかなか手に入らない限定のチョコレートを探しにいくのが楽しみになっています。

ただ、今年は目的がちょっと違って、「ローチョコレート」を制作する立場のひとりとしてお勉強を兼ねて。というのが一番の理由。今日は、その「ローチョコレート」についてお伝えします!

 

「ローチョコレート」って?

「ローチョコレートって、私達が食べているチョコレートとどう違うの?」とよく聞かれます。

いわゆる一般のチョコレートに使うカカオ豆は収穫の際の行程でローストします。実は、ここでカカオ豆に含まれるポリフェノールや食物繊維、鉄分などの栄養素は、多く失われます。

しかし、ローチョコレートで使用するものについては天日干しだけの豆(ローカカオ)を使います。つまり、「ローチョコレート」は、カカオ本来が持っている成分を最も高い状態で食すことができるのです。

ご存知の方も多いですが、カカオポリフェノールは高血圧や動脈硬化予防ばかりでなく、アンチエイジングの敵である活性酵素から身体を守る作用が知られています。カカオ豆にはそれ以外にも食物繊維、鉄分などの嬉しい栄養素が豊富です。それを効率よく、無駄なく摂取できるのが「ローチョコレート」なのです。

もちろんローフードですから、カカオバターを溶かしたり、テンパリングをするなどの工程は48度以下で行い、そして乳製品といった動物性材料や白砂糖、科学的な香料、添加物などは使いません。

あくまで、体に良い。といわれる食材を選びます。

 

購入できるお店も増加中!

最近、メディアでも「ローチョコレート」の話題をよく見聞きするようになりました。

しかしながら、まだまだ取り扱っているお店が少ないのも事実です。

インターネットでローチョコレートと検索すれば、専門店での購入も可能ですので、ぜひ調べてみてはいかがでしょう。

その多くが製造されている方の顔が見え、チョコレートへの想いがひとつひとつ形となって表現されているので、その世界観に引き込まれお気に入りと出会えるはずです。

私も一粒のチョコレートへの想いをしっかりと詰め込んで作っていますが、毎回カカオの香りに包まれるその時間も愛おしく感じています。

美容と健康を気遣う方には、とくにオススメしたいローチョコレート。
まずは貴女へのご褒美として、ぜひお手にとってみてください。

 

 

西岡 めぐみ Megumi Nishioka

プロフィール