Specialist=【白川とも子】 京都 美時×Ⅼike びじれいく④

みなさま。こんにちは。ひと月ぶりでございます。
京都に住むらび こと 白川とも子です。「京都 美時×Ⅼike びじれいく」として、古都・京都にまつわるお話をお伝えしてまいります。

5月皐月のテーマは『調和』
緑深まるこの月に「心・技・体のバランスを整えることに役立つ 美しい時のつかみ方」を京都からお伝えできるのは、幸せなことです。

令和元年という新しい時代の始まりを、そして今だからこそ「時」の意味を考えつつ身体や心を整えていくヒントとしましょう。

5月皐月という「時」の意味

皐月は、早苗(稲作の始まりに植える)早苗月、という意味と、神霊を呼ぶ皐(コウ)という意味をもって皐月(さつき)となったと言われています。
皐には白光を発する様や、沢、水際の意味もあることから、この時期ならではの日本の美しい風景を想像することができます。

水際の光

日差しも日ごと煌めく5月。
水辺では、花菖蒲やあやめ、杜若が見頃になります。

浅い水辺に生えているのが花菖蒲、陸地に生えているのはあやめです。
水面がキラキラと光る、その光をゆっくり浴びてみて下さい。
直射日光ではなく、周りから照らされるそんなイメージです。
凛としたあなたの佇まいは、目を引いています。
怯まず、凛と咲いている花のようですね。

心機一転、気合いを入れたいあなたには、
邪気払いの菖蒲湯がおすすめです。
菖蒲は花が付いていませんので、お間違いなく。

二十四節気 『立夏』と『小満』

5月6日 『立夏』
夏の気配が感じられる

5月21日『小満』
すべてのものがしだいにのびて天地に満ち始める

(上記 国立天文台暦計算室HPより)

二十四節気は、地球の自転軸の向きと太陽の位置関係によって決められています。
すなわち、宇宙とのつながりを再確認できる時。

視野を広げ大局を観るあなたにふさわしい
時の掴み方のひとつとして、
開運のポイントをお伝えいたします。

立夏には爽やかでクールなアクセサリー、
小満には、いつもより高めのヒールを履いて過ごしてみると
新たな発見やアイデアが創出できるかもしれません。

節気を活用するのも知性ある女性の技ですよ。

さて、あらためて今回のテーマを言いますと、『調和』です。

うるわしい和の時代が始まりました。
古来から伝わる伝統文化を改めて目にする皐月5月です。
多様な価値観も踏まえつつ、調え、和し、前に進むことをイメージしましょう。
あなたの本質がより鮮明に現れるでしょう。

5月のあなたに「開運」のアドバイス

今回も新しい時代の手相術、
Rハンドリーディングからのお話しをしたいと思います。

私の主宰するRハンドリーディングでは、指先まで鑑定します。
手相術の発祥の地は古代インドだと言われます。
5000年近い歴史を持つと言われ、長い歴史を持つ方法です。
手のふくらみを「丘(きゅう)」と申しますが、
各「丘」の名称には星の名前や、天体の名称が用いられています。

夜空の星を見上げるように、手の中に星を見、線を結び、指先からそのメッセージを読み解き、生き抜いてきた先人の知恵が手相術であるというわけです。

では、あなたの手を開いてみましょう。どちらの手でも構いません。

薬指をご覧下さい。
薬指の下のふくらみを「太陽丘」と言い、その指先に太陽からのエネルギーやメッセージを受け取っていると言われます。
また、薬指が示すのは、は大いなる存在からあなたに贈られた才能です。

薬指の節の間隔を比べてみて下さい。
3つに分かれていますね。
あなたの薬指は、どの節の間隔が広いでしょうか?

①指先と節の上の部分の間が長い

②節と節に挟まれた真ん中の間が長い

③指の付け根と下の節の間が長い

④全ての節の間隔が等しい

〜〜〜〜〜〜〜〜あなたが①②③④のどれにあたるか、確認できたら、あなたの持つ「才能」を見て見ましょう↓↓↓

 

①指先と節の上の部分の間が長いあなたへ。
『美』
美しいもの、美しいことに縁が深く、出逢う機会も多い人。美意識の高さを大切にして。

②節と節に挟まれた真ん中の間が長いあなたへ
『名』
名誉、代表、名前を知られる機会が多い人。生まれながらのリーダー。頭を美しく下げることができるあなたの元には、自ずと人が集まっていますね。

③指の付け根と下の節の間が長い
『財』
お金との付き合い上手は天賦の才能。貝(昔はお金として使われていたと言います)プラス 才能、という意味でお金に関する資格を取る事や、資産運用にも能力を発揮できる人。

④全ての節の間隔が等しい
美・名・財に均等な能力が与えられています。いまの状況に満足している人。今後、指先や根元を意識して使うことにより、能力の開花につながっていくでしょう。

「開運の手」を持っていること

手相は変わります。新しい時代の手相術Rハンドリーディングでは、意識が変わることにより、手の相が変わっていくことを目の前で体験されることがございます。
あなたご自身が、『開運の手』で、日々過ごされますよう、小さな実践のヒントをお伝えいたしました。

5月の開運スポット

気づいた方だけ、そっとお立ち寄り頂きたい時と場所をお伝えします。

《葵祭 》5/15 10時30分
●京都御所
●賀茂御祖神社(下鴨神社)
●賀茂別雷神社(上賀茂神社)

元々は賀茂祭と言い、 賀茂に伝わるご神事です。神さまとの再会を喜ぶ人々がフタバアオイを身につけて参向します。この装束はどれもが一級の芸術的な価値があり、遠くからもその重ね色目や文様を楽しむことができます。御所で行列を見たあとは少し先回りして、上賀茂神社で勅使をお迎えするのもおすすめです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
祭の見どころは、天皇の使者である勅使が下鴨、上賀茂の両神社に参向する道中の「路頭の儀」。

近衛使(勅使代)をはじめ検非違使、内蔵使、山城使、牛車、風流傘、斎王代など、古の姿そのままに馬36頭、牛4頭、500余名の行列が京都御所建礼門前より出発し、王朝絵巻さながらに行われます。平安貴族の装束を身にまとった人々の行列は、葵祭のハイライト。

日本の伝統的な美意識を感じる貴族の衣裳に注目を。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー京都市観光協会HPより

●風俗博物館
西本願寺の前にある風俗博物館は、知る人ぞ知る、人気の小さな博物館。静かに見入る海外からのツーリストもいらっしゃいます。現在は平安時代のスポーツを展示されていて興味深いところ。
すぐそばには平安時代の名水で知られる左女牛井にちなんだ、左女牛井の庭があります。風を感じてパワーチャージを。

 

令和元年5月

新しい時代に、ふさわしいリーダーはあなた。時をつかみ美しく進まれますように。

Rハンドリーディングメソッド
主宰 白川 とも子

 

白川とも子 Tomoko Shirakawa

プロフィール