Specialist=【守屋慶衣子】

こんにちは。
守屋慶衣子です。

今回は「3首見せ」の効果が凄い!という話を。

3首とは~首(鎖骨)・手首・足首のことです。
この「3首」を見せることでどのような効果があるかというと、
① 「抜け感」が出て女性らしく見えます
② 垢ぬけた印象を与えます
③ 身体の一番細いところを強調することでスマートに魅せることができます

これらはファッション業界ではてっぱん中の「魅せ方」であり、
実は「色気」を出すコーディネイトのポイントなのです。
ではどのように「魅せ」ていくのか・・・

「手首」
一番わかりやすいのは、ブラウスの袖まくりです。
これからの季節はジャケット丈を七分丈もありですね。
ブラウスやジャケットという「ドレスアイテム」を「まくる」という着方によって、
「緊張感の中に余裕を出す」という意味で「抜け」や「色気」が出る効果があります。

「足首」
手首と同様、パンツならこれからの季節やはりアンクル丈かクロップド丈を選ぶ、
オフの時ならブラウス同様「まくる」という着方によって「抜け」・「色気」を覚えます。

「首(鎖骨)」
シャツブラウスなら鎖骨部分が見えるまでボタンを「外す」、
襟無しのブラウス・カットソーならば、クルーネックではなく、Ⅴネック、Uネック等で鎖骨を見せることで「抜け」・「色気」を覚えます。

これらの「3首見せ」効果が何故「抜け」「色気」がでるのかというと、
人は「くびれ」のあるものにそれらを感じやすいのです。
手首は掌と比べたらくびれてますし、足首も同様です。
首も顔(頭)に比べらくびれており、その下の鎖骨部分が出ていたら「抜け」以上に
「解放」を感じます。

注意してほしいのが、「出せば良いもの」ではありません。
特に「首(鎖骨)」は露出度多いと「色気」からたちまち「露出度高く品が無い」という印象になります。
ここで一つのテクニックをお教えしましょう。
Ⅴネックをこなしてください。
その時のⅤネックでは横幅(首から肩にかけて)はなるべく隠して、縦幅の開きを胸の谷間の上の部分までの開きが一番美しく品のある「抜け」感を与えることができます。

「色気」とは「油断」だという説があります。
私もそのとおりだと思います。
只、「油断」だらけにならないよう鎖骨部分が露出するのなら、ネックレスやチョーカー等で「きちん」と感を伴いましょう。
「色気過多」だと「だらしない」という印象になるからです。

お堅いイメージだけでは「面白みのない」人間性に見られます。
今回お伝えしたことは、
「完成されたコーディネイトにはどこか「色気」が付きもの」
ということです。
是非この機会に「自分の服装に色気があるかどうか」も考えてみてください。
鏡の前で「3首」の露出量を確かめてみるのをオススメします。

 

守屋慶衣子 Keiko Moriya

プロフィール

Happy Holiday Campaign!


2020年1月15日まで

楽しく幸せなシーズン!

自分へのごほうびに、大好きな人への贈り物に、Platina Conferenceがおすすめする商品をどうぞ。

★期間中お買い上げの方にオリジナルミラーをプレゼント!

★スペシャルラッピングでお届けします!

ショッピングはこちらから【Shopping】