Specialist=【白川とも子

京都 美時×Ⅼike びじれいく 2nd stage-1

 

 

皆さまいかがお過ごしでしょうか。京都に住む らび こと 白川とも子です。

2020年、2か月近くが過ぎ、木々の芽吹きも待ち遠しいこの頃。日に日に春が近づいいていますね。

本年は、世界との関わりがより密接になり、一人一人の責任や生き方、在り方がより一層クローズアップされていきます。文化の違いを認め合い、共生の時代へと大きく一歩を踏み出す年。
「京都 美時×Ⅼike びじれいく 2nd Stage」で開運の扉を開いて参りましょう。

 

時をつかむテクニック

Platina Conferenceの皆さまにとりましては、すでに、大きな変化の兆しを感じ、お仕事の上でも、プライベートでも、緊張が続く日々をお過ごしかもしれません。

皆さまにふさわしい「心・技・体のバランスを整えることに役立つ 美しい時のつかみ方」を、古都・京都らしい風物詩も交えてお伝えして参ります。

今回の開運のキーワードは

「あなたを護(まも)る『紋』の力」

です。

 

 

今年の吉方位は?

 

あなたは、2020年の吉方位をご存知ですか?

関西では、節分に豆まきをし、巻き寿司を頂く習わしがあります。その年の恵方(吉方位)に向かい、家族揃って黙ったまま、巻き寿司を一本食べると、その一年の無病息災が叶うと言われています。その根拠は定かではありませんが、家族揃って食卓を囲み、その年の恵方を意識することは、大切なように思います。

 

恵方とは

歳徳神(としとくじん)がいらっしゃる方位が恵方(吉方位)といわれ、1カ年に渡り旅をするにも、移転、転居、仕事を進めるにも

「万事大吉!」

の方角と言われます。

 

歳徳神は牛頭天王の后で、八将神の母。この神のある方位は「恵方(えほう)」「あきの方」などと呼ばれ、万事に吉とされます。

国立国会図書館 HPより転載

 

あなたが知るべき開運の方位

西南西

この方角は節分の巻き寿司の方角だけではなく、一年通じて大吉。ぜひとも知っていただきたい開運方位です。

大切な会議や、仕切り直しには、この方位に足を運んで、臨んでみてはいかがでしょうか。大難を小難に、小難を無難に。難儀を転機に変えるのが方位です。

暦は私たちの生活に気づきやヒントを与えてくれます。成功者の多くは、古くより知恵のひとつとして、暦を活用してきたと言えるでしょう。このような「暦」の活用の仕方は、「この道」という詩を読んでいただければイメージしやすいかと思いますのでご紹介します。

 

「この道」

この道を行けば
どうなるものか

危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし

踏み出せば
その一足が道となり
その一足が道となる

迷わず行けよ 行けばわかるさ

清沢哲夫作「道」

早春の開運キーワード

さて、冒頭でお伝えしたように、
今回の開運のキーワードは

「あなたを護る『紋』の力」

です。

その中でも「和紋」についてお話いたしましょう。和紋は、着物の生地や帯など、織物によく見られます。

今年2020年 夏に開催される東京オリンピックのエンブレムがまさに「和紋」である「市松模様」をモチーフとしたものですね。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 HPより

 

この市松模様は、この四角が互い違いに途切れることなく続いて行くことから、繁栄の意味が込められています。また、オリンピック・パラリンピック東京大会では、4種類の四角が組み合わさり、多様性をも表現されているとか。目にする機会が増えるにつれ、その意味にも気づいていたいものです。

このように、「紋」にはさまざまな意味が込められています。それがあなたを「護(まも)る」のです。特に「吉祥紋」として伝わるものは、ぜひ覚えておいてください。

日本では古くから、「吉祥紋」を身につけたり、小物に用いることにより、大難を小難に、小難を無難に、と、人びとを護って参りました。
遡れば、平安時代貴族の間に広まったものと言われています。

 

「吉祥紋」で開運力アップ・和紋8選

 

今回は「吉祥紋」としておすすめの和紋8つをご紹介します。

 

①成長を願う  市松模様

部下や仲間の成長を後押しする紋様。会社や仕事場への差し入れの包みや、水まわりの布巾に用いてみるのも良いでしょう。

 

②女性の護り  麻の葉

厄除け、人間関係のトラブルに巻き込まれない防御に力を発揮します。女性専用ポーチなど、身につけるものを包んだり、入れたりするのに最適です。

 

③清々しい  青海波

大海原の穏やかな海を表した紋様は、勇気と調和、大いなる前進を後押しします。

 

④7つの宝 豊かさの象徴  七宝柄

7つの宝(金,銀,瑠璃【るり(青い宝石)】 ,玻璃 【はり(水晶)】 ,しゃこ貝 ,珊瑚,瑪瑙【 めのう(縞状の鉱物)】という美しい宝石(←時代によって内容は少し異なります)それが転じ、あらゆる豊かさ、富の象徴として七宝と称されます。円形が重なり光輝くさまは、別名「輪違い」とも呼ばれます。

 

⑤健康と長寿を願う  亀甲

長寿と繁栄を表す亀を、六角で表しています。古来より吉凶を亀甲で占っていたことからわかるように、亀甲には特別な霊力があると考えられていたようです。お守り袋や、お坊さんの袈裟にも多く見られます。

 

⑥パワフルなエネルギー発散  うろこ紋

連続した三角形で構成されるうろこ紋は、蛇や龍、水神を彷彿とさせる強い紋です。和太鼓集団「鬼太鼓座」の衣装にはこのうろこ紋が用いられています。

 

⑦目的達成  矢絣

矢絣(やがすり)といえば、若い女性の袴姿。卒業式の袴の上の着物の柄によく見られます。一つの的に向かう矢のようなまっすぐさと、目的達成への意志が伝わる紋様。

 

⑧財宝と福徳を運ぶ  毘沙門亀甲

財宝と福徳を司る毘沙門天。その鎧兜に用いられたことから、毘沙門亀甲紋と呼ばれます。六角形の組み合わせは、非常に強いエネルギーを発すると言われます。

 

もし、和裂屋さん(反物や織物の生地や切れ端を扱っているお店)があれば、ぜひ、実物を手にとって見て下さい。開運のためには、文様をスクリーンショットで持ち歩くのも良いですよ。

あなたが、ご両親やご家族からお着物を贈られていたら、そこには、いろいろな紋様が見られるかも知れません。それは、ご家族からの応援と祝福のメッセージです。あなたの成功をきっと後押ししてくれるはずです。あなたも同じように、意味を込めて人に文様入りのグッズを贈ってもいいですね。

 

では、今の時期におすすめするスポットもご紹介しましょう。

早春のおすすめスポット

 

高台寺 圓徳院

豊臣秀吉と、その正室 「北政所 」寧々さんのお寺。こちらには、豊臣秀吉 出世の持仏「三面大黒天(毘沙門天、弁財天、大黒天の三面を持つ)を祀られています。皆さまの背中をそっと押してくれるかもしれませんね。

三面大黒天について

また、御霊屋や、見応えのある室内は、少しゆったり時間を取って、伺いたいもの。
こちらには、太閤ゆかりの大名たちが、こぞって銘石を奉じ、秀吉好みにしつらえた枯山水のお庭があります。寧々さんの想いが偲ばれる名庭は、必見です。

 

きものレンタル弘子

気軽に、しかも本物の正絹を身につけたい方に。京都 祇園白川という風情のある地で、素敵なお着物をレンタルして下さいます。
オーナーで、凄腕着付師の中村弘子先生には15年以上お世話になっています。
北海道での講演では、12時間以上着続けても乱れず快適。自分の持っている着物と、こちらで貸して頂く着物と、TPOに合わせて利用させて頂いています。

また、京都での着物遊びをご一緒しましょう。

 

さあ、あなたを護る知恵を身につけて、春に向けて進みましょう。リーダーであり、また次の時代を担うPlatina Conferenceの皆さまにとりましてますます素敵な日々になりますように!

 

Rハンドリーディングメソッド
主宰 白川 とも子

 

白川とも子 Tomoko Shirakawa

プロフィール