Specialist=【磯矢 千絵】  ~眼のことを知る.私の眼4~

 

 

こんにちは。磯矢千絵です。

今回は
眼のことを身近に感じて頂ければ
嬉しいなというお話しです。

 

あなたは「眼球の大きさ」ってご存知ですか?

 

令和元年の10円玉が2枚ここにあります。

 

10円玉と言えば!!!!!
眼球の大きさ。
眼球の直径と10円玉の大きさは
ほぼ同じなのです。

 

初めて聞いた!
という方が多いかと思います。

 

私が知ったのも
この令和元年の10円玉がきっかけなので
最近です。

「ゲゲゲの鬼太郎」
目玉の親父からのイメージなのか

私は
眼球の大きさは、ピンポン球くらい!
と勝手にイメージしてので、
「10円玉大」と知ったときには
意外と小さくのだなとびっくりしました。

(冷静に考えると
そんなに大きくはずはないんですが
イメージって誇張して記憶するものだなぁと思ったり)

ピンポン球の大きさを調べると
直径40ミリだそうです。

10円玉は、23.5ミリ。
これが眼球の大きさです。

 

眼球の大きさで遠視の原因?

 

ここから、大切なお話。
遠視とか近視とかは、この眼球の大きさが
若干違ったりすることで、
起こっていることもあるって
ご存知でしたか?

私は
この話を耳にしたたときは、
なんですってー!!!
と驚きました。

眼って、面白すぎる!!
と思いました。

なぜかというとですね

↓↓↓

まず私は
眼の玉は、
ピンポン球くらいだと思っていました。

↓↓↓

それくらいの大きさの眼球が
みな同じように
頭蓋骨に埋まってると思っていました。

↑↑↑

美容整形で
目を大きくする手術は、
目頭をちょこっと切るって
聞いたことがあるからです。

お、そうすると
目の露出が大きくなって
みな、あのアーティストみたいに
目が大きくなるのね!

なるほどーと
思い込んでいたので、

思い込みを思いっきり
ひっくり返されました。

もっと大きいと思ってたのに
眼って本当はこれくらいしかないの?
へぇ!へぇ!へぇー!!!

です。

(こう聞いたら、もうこんなふうに
当てるしかありません。
早速当ててみました

これくらいのが、この奥にグリっと
入ってるのかぁ〜と思いながら
眼に10円玉を押し付けて
自撮り。 笑)

↑↑↑

うーん、イマイチわかりにくいですよね。
すみません。

さて、
遠視でもある私の眼球は、
この10円玉より1ミリくらい小さいようです。

遠視とか近視とか乱視って
色んな要素が複合されて、
その見え方になっているのですが

この眼球の大きさというのも
遠視とか近視の一要因でも
あるそうです。

 

 

単純に片付けないで

 

眼って本当に個人差が
あるんですね。

例えば
成長過程で
急に視力が落ちたけど
一過性だった
という経験のある方は、
身体の成長に合わせて
眼球もすくすくと成長した
ということになります

私の眼はそういう意味では
眼球の成長が
追いつかなかったのかも
しれません。

目は良いけど
夕方になると霞みます、
疲れます、という方は
それが原因で目のピント合わせの
筋肉を酷使していることも
あるかもしれないのです。

(ここらへんのお話は
他の回でまた詳しく♪)

目は単純に「良い、悪くなった」
ではなく、
今までお話ししたような意識しないクセや
個人の体質の差などが現象となって現れることも
あるのです。

 

大切なパーツを愛しんで、大事にする

 

私たちの身体のパーツである眼は
たった10円玉程の大きさです。

ですが
こんな小さなパーツが、
すごい情報量を受け止めて
脳にそれを伝達してくれています。

眼は
わたし達にとっては
かけがえのないパーツなのです。

なのに。

眼を労って使っている人は、少なく。
どちらかというと酷使しています。

見え方は、
その人の生活の質を左右します。
風景でも文字でも見えにくいと
あまり熱心に見ませんよね。

もしより良く見えていたら
自分に何か良い影響を
与えてくれるかもしれないのに
目を労ることをサボっていたせいで
その情報を脳に入れる機会を
失っているかもしれません。

それに、眼は
人のチャーミングさも
左右するパーツです。
いつも生き生きとするように
してあげたいですよね。

眼を整えることで
身体が整い、
感性も高まり
豊かな気持ちも生まれます。

心地良く「見える」ことで
身体、感性、気持ちの豊さが
上がる。

・・・これが、眼からの美意識です。

自分の眼の「見え方」を
意識して、
見え辛さを
無視してしまわないでください。

労ってあげて、
愛しんで、大事にしてあげてください。

そして私たち
「メガネで見え方を変える」プロに
ご相談くださいね。

今回も最後までお読み頂き
ありがとうございます。
—-

 

磯矢 千絵 Chie Isoya

プロフィール