Specialist=【Mari Kawamoto

女性は、新しい命を生み
育む力を持っている
それは子供を産む
という事に関わらず。

私達女性は言ってみれば命の泉
…奇跡を生み出すこともできる
生命の本質と共にある
美しい存在だ。

時代と共に
社会における女性の役割は変わるように見えるが
美しい存在であることに変わりはない。

そして
今もまた新しい時代がきている。

以前、女性に与えられていたステージは
家庭や家族の中の一つの世界だったかもしれない。

しかし、そのステージが
少しずつ外へ、社会へと広がるにつれて
女性の持つ力の大きさと
強さの姿がやっと認識されてきた。

そして今そこに来ている新しい時代は
女性のしなやかな美しさと
何にも臆する事のない強さ
その両方を必要としている。

生み育む力と

誰かの為じゃなく
自分の命を花の様に美しく咲かせる力

二つの力がしっかりと存在している
それが本来の女性の姿。

自分のことを振り返ってみると
“花の様に生きる”

それが私にとって人生のテーマだ。

茶花の様に物言わぬ姿は
それぞれの心へと語りかける。

大輪のダリアや芍薬
色鮮やかな薔薇、

そして土に落ちてもなお美しい椿や
純白の世界の中に未来を思う百合、

誰かの為じゃない。
花は与えられた自分の命の為に
自身があるべき姿を咲かせる。

その姿に、人は美しさを見出し
自分の姿を照らし合わせる。

私は、そんな存在でいることを願い、
そして、全ての女性は
そんな存在だと思っている。

だからこそ、私は
そんな女性を更に輝かせ
自身の美しさを咲かせるジュエリーを
作っていきたいと思う。

新しい時代には、まだ皆とまどいもある。
皆んな手探りだ。

全てはここから。

自身の美しさを愛し輝かせようとする
一人一人の姿が時代を作る。

それがプラティナ・カンファレンスに集う
女性たちであり

私の生み出すものが
“今ここ”を生きる、そんな女性へ
共にあるものとなります様に。

私は贈り続ける。

何でもない日常も
特別な日も

いつもあなたは美しく
特別な存在だと語り続けるものを。

Mari Kawamoto Mari Kawamoto

プロフィール