この中にあなたの悩みや課題はありますか?
◆もっと余裕や落ち着きが欲しい
◆「大人」としての振る舞いに自信がない
◆軽んじられる、印象が薄い
◆「経営者としての品格」が気になり始めた
◆顧客、上司、部下に「頼りがい」を感じさせたい
◆海外のエグゼクティブと渡り合える雰囲気を身につけたい
◆役職やキャリアにふさわしい雰囲気を身につけたい
◆会社の成長に合わせて、自分もレベルアップしたい
◆プロフェッショナルとしての自分を磨きたい
◆さらに上のステージへ向かう準備をしたい


もし、上に「そうだ」と思うものがあるなら、
あなたは今
自分にふさわしい「プレゼンス=存在感や雰囲気」を
持ていない可能性が高いと言えます。
逆に見れば、あなたは今、新たなステージに進もうとしているのです。
しかし、その準備ができていない状態と言えるのではないでしょうか。

何も武器を持たないままその先へ進みますか?
それとも、自分にふさわしい武器を手に入れますか?

手に入れたい方は、ぜひ
このプログラムにご参加ください。

エグゼクティブプレゼンス
ブレークスルー・プログラム
Executive Presence Breakthrough Program
「エグゼクティブプレゼンス・ブレークスルー・プログラム」は、「エグゼクティブプレゼンス」を身につけることができるトレーニングプログラムです。上のように「今いるその先へ」進む方のために開発されました。

「エグゼクティブプレゼンス」とは、あなたにとって先へ進むために必要な「武器」であり、グローバル化やAI化が進む現代のビジネスフィールドでリーダー的存在となるためには、今後なくてはならない「リテラシー」です。



「上に立つ人の資質」
=「エグゼクティブプレゼンス」
「エグゼクティブプレゼンス」はひとことで言うと「上に立つ人にふさわしい上質な存在感」です。例えば、堂々とした態度や、質の良い装い、大人の品格というべきものがあったり、きちんとした振る舞いが印象的な人は「さすが」「一流」「きっとすごい人に違いない」と誰でも「格の違い」を思わず感じます。

「エグゼクティブプレゼンス」を持つ人は、このような「格の違い」を周囲に常に感じさせます。それが周囲の無意識にどんな作用を及ぼすか、考えてみましょう。

■能力・成熟度・経験値の豊かさを感じさせ「秀でた」印象となる。
■秀でた印象は自然に「上に立つ」ことの強い説得力、心理的優位性を生む。
■心理的な優位性を持つゆえに、周囲からの高い評価が自然に生まれる。
「上にいて当然の存在」という納得感が周囲に自然に生まれる。
■「上にいて当然」という周囲の納得感は、自動的に影響力としても表れる。

このような作用が働けば、ビジネスでも何でも有利なことはおわかりでしょう。
エグゼクティブプレゼンスは欧米ではすでに上に立つ人は持っておくべき「資質」であり、無いと「上」に行けない、と言われている所以です。


エグゼクティブプレゼンスを持つ人は、
ここで「差」をつけている。
「エグゼクティブプレゼンス」を持つ人は、どこにどんな差があるのでしょうか。重要なポイントは以下の要素です。

1.たたずまいからして品がある
 そこにいるときの雰囲気が違います。それは主に表情、姿勢、視線の違いです。

2.所作や動作が洗練されている
 ちょっとした動作、例えば歩き方や座る、立つの日常的な動作の洗練の違いです。

3.声や話し方に説得力があるし、魅力がある
 「つい聞いてしまう」「わかりやすい」と人に感じさせる声や話し方が特徴です。

4.服装がきまっている
 硬いビジネスシーンでもカジュアルでも上質な雰囲気でセンスよく見えます。

5.人への接し方やマインドに大人らしい余裕が漂う
 コミュニケーションがうまい、大人の気づかいがある、こんなことを感じさせます。

6.どこに出ても堂々としている
 どこに出ても余裕を持って振る舞うことができ、人から無意識の注目を集めます。


このような特徴を持つ人は、見たとたん「リーダー」とわかる印象を持ちます。それは、立場や役割にふさわしいオーラを身にまとっているということでもあります。どことなく洗練されていて、「品」や「威厳」「余裕」や「落ち着き」が感じられ、「優れている人」「一流」「さすが」という印象を自然に人に与えます。

人に自然に「優れている」と感じさせる人は、そこで「心理的優位性」を手に入れます。その優位性が、周囲からの期待感、信頼感、敬意を自然に呼び寄せます。一般より印象が強く人の記憶に残りやすい存在になり、重要視されて尊重される存在ともなり、その存在感が説得力や影響力にもつながります。

もし、あなたがこのような存在感を持てるとしたら、どうですか?
身につける方法があるとしたら?
その方法を手に入れていただけるのが「エグゼクティブプレゼンス・ブレークスルー・プログラム」です。

その内容をご説明いたしましょう。


エグゼクティブプレゼンスを身につけるための
3つのポイント
「エグゼクティブプレゼンス」は、いくつかの要素が複合的に影響し合い、発せられるものです。

ただし、それは天賦の才能ではありません。
後天的に身につけられるものです。


もちろん、通常はそれなりの経験が必要です。
通常は色々な経験を積んでいくうちに、注意すべきところや心得を学んでいきます。
また、自分に必要なスキルに気がつくこともあるでしょう。そうすればスキルを身につける方法や場所を、それなりの労力をかけて探すことも必要となります。そしたまた、必要なスキルに気がつき、探し、という時間がかかります。

では、そんな長い年月は絶対に必要でしょうか?
いいえ、
「体系的な知識と効果的なメソッド」を手に入れれば良いのです。
まずエグゼクティブプレゼンスを身につける3つのポイントを理解しておきましょう。



●印象コントロール力
 人の語感に働きかける「印象」を高める意識と知識を着実に身につけること

●コミュニケーション力
人の心理の理解を進め、人への効果的な接し方を知り、人に働きかける力を高めること

●自己設計
自分が目指す姿をよく認識し、それを実現していく意図をもつこと


この3つがうまく回るようにバランスをとりながらステップアップしていくようにプログラムすることで、短期間でエグゼクティブプレゼンスを身にまとうための体系的な知識を得られるようになります。体型的な知識を得るためには、計算されたステップを着実に上がっていくことが決め手です。



身につけるための6つのステップ
1.「印象コントロール」の意識向上と静的スキルアップ

このステップでは初歩的な身だしなみから始まり、表情や視線などすぐわかる部分からコントロールの意識をつけはじめます。対人魅力度が向上し、「ちょっと変わった」「良くなった」という印象が増します。表現力が増すことによって、コミュニケーション力、影響力や説得力にも良い影響が表れます。

2.「印象コントロール」動的スキルアップ

自分の動作に対する意識向上、洗練度の向上をはかるステップです。ここでは「スマート」「他の人と何か違う」という印象が強まります。また動き方や動作に確信が生まれてくることで、「自信」が強まり、外見に良い影響をもたらすようになります。

3.「ふさわしい服装」を選ぶ意識と知識を高める

「似合う」「おしゃれ」に終わらず、役割やポジションにふさわしい「格」や場面にふさわしい演出を選べるようになる、エグゼクティブらしい感覚を磨くステップ。「格」を表現できるようになり、「明らかに他と違う」という印象を持たれるようになる。

4.「心理・コミュニケーション」の基礎知識

人間心理やコミュニケーション理論のエッセンシャルな部分と、対人スキルの基礎を学習する。人に相対したときにより安定した正しい方法で人に接することができるようになり、落ち着きが出る。リーダーとしても人としても信頼感や人間的魅力が増す。

5.「パーソナリティ分析」の基本と感覚

パーソナリティタイプの知識や見分け方を学ぶユニークなステップ。これにより、他人の思考グセや特有の傾向を把握しやすくなる。また他人だけではなく自分自身も把握しやすくなるため、自己理解が進む。これにより人の反応の予測やセルフコントロールが容易になり、冷静さや落ち着き、客観的なものの見方が身に着く。結果的に「余裕」が表れてくる。

6.「ソーシャルセンス」の知識学習と上達

エグゼクティブマナーを学び「ソーシャルセンス(社会的な洗練された感覚)を身につけ「どこに出ても恥ずかしくない」ようになるステップで仕上げとなる。挨拶、食事、紹介、パーティなど、色々な場面で自信を持ってイニシアチブを取れるようになり、「卓越した存在感」「エレガントさ」を備えた存在となる。


このステップは、自分の理解を進め、自分持つ価値や思いをそれを意識しながら進むようになっています。「セルフイメージ=無意識の自己認識」を高めていくようになっているのです。これが「ブレークスルー」を可能にする秘密です。気がつけば、今までいた場所から一気に悩みや課題の壁を突破し、上のステージにいる自分に気づくでしょう。

「反転学習」が効果を上げる
まずじっくりコンテンツ学習
どんなことにも「知識を身につけること」が必要です。しかし、ただ「知る」「習う」だけでは、「身につけること」にはなりません。
なぜなら、ただ「知る」「習う」で入ってきた知識は、「短期記憶」としかならないからです。それでは、ちょっとした刺激にはなりますが、その人の中に定着はしにくいのです。このプログラムの「反転学習方式」が、6ヶ月でエグゼクティブらしい知識と高い意識を身につけることができる決め手です

「反転学習方式」とは、先に知識を入れ、あとで実践やアウトプットやフィードバックの機会を持つ、という2段階で構成する学習方式です。従来は人が集まる機会や講師が受講者と接する機会、例えば「教室」で知識を入れ、実践などはその後各自が行うような方法が当たり前でした。それを反転させ、知識を入れるのは各自で行い、人が集まる機会や講師と受講者の接触機会は「実践やアウトプット、フィードバック」に費やしたほうが、よく身に付き効率的であることが多いことから、最近では学校や各種スクールで多く採用されています。

ですから、このプログラムは「配信されるコンテンツを自分のペースで学ぶ」ことがまず出来るようにしてあります。コンテンツはテキスト、画像、動画で構成され、オンライン環境ならどこででも視聴できるようになっています。自宅でも職場でも、そして移動中も見ることができるのです。実はこのコンテンツはすでに多くの法人所属のエグゼクティブ予備軍にもご覧いただき、「非常にわかりやすい」と好評をいただいています。このプログラムでは、これでしっかり必要な知識を頭に入れていただき、意識を高め、良いタイミングで「実践、アウトプット、フィードバック」を行う方法で進めていきます。
実践・アウトプット・フィードバック
オンライン・パーソナルセッションが2回。お一人お一人の課題、重点項目のクローズアップ、そして即効策のアドバイスを行います。グループセッションが6回。グループセッションでは、学習中の疑問点、成果をシェアすることにより、広い視野での課題認識と解決ができます。

オフラインで実践、アウトプットしていただくのは、「表情・動作」などの自分を動かすパート。自分ではなかなか客観的に見ることができないパートなのでセミナー形式で実践を行い、成果確認を行います。

セミナーはオンラインでも行います。「コミュニケーション」のパートで補足説明と事例のシェアをオンラインで行っていく予定です。

フィニッシング(仕上げ)として最後にエグゼクティブマナーの実践食事会を行いますが、これはもちろんオフラインです。以前よりも洗練され動作で堂々と振る舞う自分をご確認いただけます。

「エグゼクティブプレゼンス」を高めるための知識は、今までの意識を大きく変える内容が含まれます。難易度は高くないですが、範囲が広く細かいものも多くあります。これらは自分のペースできちんと学ぶほうがより理解しやすいでしょう。加えて、何度も見返す、いちど実践してから理論を再度確認する、という方法で学習ができれば、理解しやすく身に付きやすいことは当たり前です。そのように、「知識」を自分のペースで学んでいただきながら、的確なタイミングで実践・アウトプット・フィードバックをしていただくことで、短期間で各ポイントが身につきやすくなっています。

この「反転学習方式」が、6ヶ月でエグゼクティブらしい知識と高い意識を身につけることができるこのプログラムの決め手です。

そのままでいるか、ブレークスルーするか
自分の役割やポジションにふさわしい、そんな存在感や雰囲気が残念ながら不足している人は、「自分が望むように、相手に受け取ってもらえない」ことから、ことさらに下記のような悩みを感じるようになります。

× どこか頼りない

× 実力があっても、そう見てもらえない

× 望むポジションに中々就けない

× 部下などから慕われにくい

× 何かいつも軽んじられる、目立たない

× 自分に自信が感じられない

× 大事な場面で怖気づいてしまう

× 大人として物足りなさを感じる 

こんな方は、実力や人格に関わらず、いつも「なにかが足りない」と自分で感じたり、他人に感じさせたりすることになるのです。仕事ができないわけではないのに、チャンスを逃してしまうことが多く起こりがちです。そのままでいいでしょうか? 今はまだよくても、この先年齢やキャリアを重ね、それなりの役割やポジションを期待されるようになったとき、それに応えられるでしょうか? またはさらに上のステージに上がるチャンスに躊躇なく行動できるでしょうか?

今なら間に合います。


「変える」チャンスです。
>
知識を体系的に学び、
意識を効果的に高め、広げる。
「ほんのちょっとしたこと」でも学び方を間違うと、うまく身に付きません。
例えば、表情や視線などのことを知らず、表面的なイメージアップやマナーなどの知識を増やしても、威厳や品格、影響力など「本当に欲しいもの」は手に入りません。

まずは「順序良く知ること」。
体系的に知識を得れば、「印象や振る舞い」がもたらす意味がわかり、その元となる理論や狙いがわかり、いつの間にか自分の中に「選択」できる知識と意識が培われます。このような場合は、自分として何を選ぶべきかを気負いなく考え、適切な振る舞いや行動を選べるようになります。人から見ると「余裕がある」「自信が備わっている」人物となり、存在感は自然に高まります。


「エグゼクティブプレゼンス」のトレーニングを受けた人は多くがこう言います。

「前とは意識が全く変わりました。
気がつかないでいたことがこんなにあったのか、と思います。
あのまま知らずにいたら…とちょっと怖くなります」

「2ヶ月くらいで
周りの見る目は着実に変わったと感じ始めました。
明らかにリスペクト感が違うのです。
『ああ、こういうことか』とそう思いました」


ちょっと踏み出せば
あとはあなたの雰囲気、品格、オーラ、影響力は上がっていくだけ。
いつの間にか「さすが」「違う」と言われるようになるだけ。
つまり後は「ワンランク上の自分」に自然になるしかないのです。
私が、あなたのブレイクスルーを担当します
このプログラムを監修し、グループコンサルティングなどで直接あなたの担当をするのは、丸山ゆ利絵。
日本最初の「プレゼンスコンサルタント」=エグゼクティブプレゼンスを高める、磨くためのトレーニング・コーチングをするコンサルタントです。

企業トップの個人トレーニング、幹部の研修などを手掛け、また「エグゼクティブの振る舞い」「品格やマナー」「格を演出する服装」などをテーマにした記事が雑誌や媒体に取り上げられることも多い人物です。「エグゼクティブプレゼンス」に関する著書をすでに3冊出しています。
丸山 ゆ利絵 
プレゼンスコンサルタント® アテインメンツ代表
日本初のプレゼンスコンサルタント®。大学卒業後、国内のホテル会社、エグゼクティブ向けビジネスクラブ経営会社で、社長秘書をはじめと する要職を歴任し、一流といわれる財界人と交流をもつ。
数千人の財界人との交流を通じて 培った「超一流とそうでない人の違い」を分析し、一流を目指す 人に求められるプレゼンス(存在感)を体系化。経営幹部向けに研修・講演やコンサルティングを行い、大手電気通信事 業会社、外資系コンサルティングファーム、生命保険会社などの クライアントから厚い信頼を集める。
公式サイト公式ブログ
著書にはAmazon「ビジネスライフ」部門で1位になった「『一流の存在感』がある人の振る舞いのルール」(日本実業出版社 刊)ほかがある。現在、日本経済新聞・電子版「NIKKEI STYLE」にて連載中


丸山ゆ利絵メッセージ・なぜ新プログラムを始めたか
2015年に初めての著書「『一流の存在感』がある人の振る舞いのルール」を出版しました。このとき『一流の存在感』と名付けてくれたのは出版社の方。「エグゼクティブプレゼンス」はそのままではまだ日本人には通じない言葉であるとのことから、わかりやすい日本語に変えてくれたのです。しかし、そこから5年、「エグゼクティブプレゼンス」は徐々に浸透した言葉となり、その必要性も理解されてきました。それとともに、経営トップだけでなく、「上に立つ指導的な立場の人」例えば、士業やコンサルタント、高額営業をする人、そしてリーダー的立場にある男性、女性が少しずつ意識するようになってきました。
もともと、欧米では一般的な概念である「エグゼクティブプレゼンス」。意識する人が増え、その先は身につけた人と身につけられていない人の差は開いていくでしょう。そして二極化するのは目に見えています。ですから、今のうちにきちんと理解し身につける人が増えてほしいと強い願いを持っています。特にこれから活躍が見込まれる、リーダーポジションの方、士業やコンサルタントの方、成長中の会社の経営者の方には強くおすすめします。そのために効果的に、また学ぶ人も学びやすいような方法を今までも工夫してきましたが、その工夫を活かし、参加した人が成果をスケジュールできるプログラムができたことから、募集を開始します。
もし少しでも関心があるなら、あるいは上にあるような課題や悩みがちょっとでもあるのなら、本当に、今のうちに、ぜひこの世界に加わってください。お待ちしています。

エグゼクティブプレゼンス 
ブレークスループログラム
内容
いつどこでも知識が学べるオンラインコンテンツ」を先行配信、適切に組み合わせたセミナーやセッションにより、実践・アウトプット・フィードバックで効果的に身につけられるようにした「反転学習」方式。時間が有効に使え、しかも成果を上げるのに効率的です。配信されるコンテンツは各単元は約20~30分ほどで消化できるボリュームです。着実に学習していってください。各パートを終了するごとに「リマインドメール」が送られてきますので、復習が簡単にできます。それが「身につけやすさ」の秘密でもあります。

プレゼンスコンサルタント® 丸山ゆ利絵が個別にあなたの進捗状況を見ています。丸山と接する機会を有効活用してください。オンラインのパーソナルセッションやオフラインの「グループセッション」で質問をぶつけ、成果をシェアし、フィードバックを得てください。
内容とスケジュール
10月初旬 オンラインパーソナルセッション
一人ずつオンラインで行います。スケジュールはご希望を伺い調整します。
ファーストコンタクトです。ぜひ始める前の不安や疑問を払拭してください。
目標値や課題を伺い、重点項目を整理。学習ポイントをアドバイスまで行います。


10月15日 コンテンツ配信(1 印象コントロール 「静的」スキルアップ)
コンテンツ配信が始まります。
この単元は表情や姿勢などの基本的な自分の魅力を高める部分についてのポイントを理解し、そのコントロールの仕方や改善すべきところを学習します。
修了すると、10回のリマインドメールが送られてきます。復習にお役立てください。


11月5日 コンテンツ配信(2 印象コントロール 「動的」スキルアップ)
歩き方などの動作のポイント、基本的な所作、声と話し方のグレードアップの仕方を学びます。
修了すると、10回のリマインドメールが送られてきます。復習にお役立てください。


11月30日13時予定 オフライン 印象コントロール ワークショップ(東京)
(東京開催)
表情、姿勢、歩き方は理論を学び意識するようになると、今度は「これで本当にいいか?」と不安が起こってきます。そのタイミングに合わせて実践ワークショップにお越しください。、丸山ゆ利絵が直接指導とアドバイスを行います。
(やむなく欠席の方には撮影動画をご覧いただきます。)


12月2日 コンテンツ配信(3 「ふさわしい」服装の意識と知識)
持つべき感覚を説明、服装戦略、ドレスコード、服での「クラス感」の出し方、色選びの注意を学びます。
修了すると、10回のリマインドメールが送られてきます。復習にお役立てください。


1月上旬 オンラインパーソナルセッション
一人ずつオンラインで行います。服装について色々自分なりの疑問や質問が出てくるころです。具体的な服装戦略について相談しましょう。全体の質問ももちろんお受けします。


1月15日19時頃 オンライン 心理・コミュニケーションセミナー
心理・コミュニケーションのコンテンツ配信前に、狙いや学ぶポイントをお伝えし、内容に取り組みやすくする目的のセミナーです。
(録画配信予定。欠席しても後からご覧になれます)

1月16日 コンテンツ配信(4 心理・コミュニケーションの基礎)
人間心理やコミュニケーション理論のエッセンシャルな部分と、対人スキルの基礎をを学びます。
修了すると、10回のリマインドメールが送られてきます。復習にお役立てください。


2月6日 コンテンツ配信(5 パーソナリティタイプの知識と分析)
パーソナリティタイプの知識や見分け方をび、人を観察する視点を身につけることを目的とした内容です。
修了すると、10回のリマインドメールが送られてきます。復習にお役立てください。


2月20日19時頃 オンライン パーソナリティタイプセミナー
パーソナリティタイプ学習の狙いについて改めて説明し、応用例などをご紹介するセミナーです。
(録画配信予定。欠席しても後からご覧になれます)


2月6日 コンテンツ配信(6 ソーシャルセンス)
礼節の根本から細かい動作まで、国際感覚をふまえたエグゼクティブマナーや振る舞い方を学習します
修了すると、10回のリマインドメールが送られてきます。復習にお役立てください。


3月28日13時予定 オフライン ソーシャルセンス実践会  (東京)
東京開催
レストランで食事をしながら、食事マナーを実践します。集大成となりますので、できればこの回までに前の単元の見直しをしておきましょう。最終チェックやアドバイスをさせていただきます。
グループセッションスケジュール
グループセッションについて
●東京と大阪で月一回行われます。どちらかに月一回ご参加いただけます。
●自由参加が、できるだけ積極的にお越しください。参加無料です。(定員6名) 
●平日19時~21時となっております。
●開催場所は、東京=銀座付近 大阪=梅田付近 です。

10月15日 大阪  10月24日 東京
11月13日 大阪  11月21日 東京 
12月11日 大阪  12月18日 東京 
1月17日 大阪   1月23日 東京 
2月13日 大阪   2月21日 東京 
3月12日 大阪   3月18日 東京


受講までの流れ
1.申し込む

下記フォームからお申込みください。折り返しお支払情報をお送りいたします。


2.お支払後、パーソナルセッションのスケジュール調整

10/7~10/12の間でご希望の時間を伺い、調整します。


3.受講必要情報をお知らせ

受講サイトに会員として登録され、ログインして利用するようになります。そのためのIDやパスワードの「ログイン情報」を含めた受講情報をお知らせします。


4.コンテンツ配信開始・受講開始

上記のスケジュールに従い、配信を行っていきます。ログインしてコンテンツを学習してください。各単元はそれぞれ6~10個のパートに分かれています。各パートは約20~30分ほどで消化できるボリュームです。

各単元の最終ページに「修了報告メール」のフォームがあります。メールフォームは名前とメールアドレスを入力して簡単に送れますので。その単元を学習し終わったらすぐに送ってください。
内容を復習するためのリマインドメールが送られてきますので、しっかり読んで、内容を自分のものにしていきましょう。

5.オフライン/オフラインセミナーに参加する

上記スケジュールにある通り、オフライン/オフラインでセミナーが開催されます。(最後はオフラインの食事会です) ぜひ参加して理解を高めましょう。


6.グループセッションを活用する

このコース期間中(6ヶ月)は無料で丸山ゆ利絵のグループセッションに招待されます。参加して質問や成果報告をすると、それだけご自身の理解が進みます。。



Q 途中でやめることはできますか?
A 途中のご解約や返金はできません。
このコースは動画を見ていただくだけでなく、その間の課題やコンサルタントからのメールなどの総合的な効果で、あなたの「エグゼクティブプレゼンス」を向上させるプログラムです。そのため、いったんお申込みになりますと、途中のご解約や返金はいたしません。ご了承ください。
Q 配信された動画はダウンロードして見るのですか?
A 専用ページ上で見ていただきます。
ダウンロードではなく、オンラインで見ていただく形式です。ダウンロードはできません。
このコースをお申込みになると、「専用ページ」のURLをご案内いたします。
ページはパスワード保護がされています。お申込み完了後にログインできるようになります。
この専用ページは、配信された動画、内容に関した教材のダウンロードリンクの他、関連情報などが掲載される、一種のポータルサイトのようなものです。動画や教材は、必要な場合はアップデートされます。
Q 「課題」などはありますか?
A フォローアップのための「リマインドメール」があります。
特別に提出いただくものはありませんが、単元を終えるて修了報告をすると、内容についてのリマインドメールがそこから約3日に一度、10通ほど届きます。「そういえば、学んだことだ」との気づき、「もういちどやってみよう」という実践をしていただくのが「課題」と言えます。
学んだことを「長期記憶」として「定着」させるために、ぜひまじめにメールにお付き合いください。またグループセッションに出るときには、「気づき」や「成果」を積極的に報告しましょう。自分の口で語ることが、さらに学習効果を上げます。
Q オフライン/オンラインセミナーに欠席の場合は?
A 可能なものは録画し、配信します。
印象コントロールや心理・コミュニケーションなどのセミナーについては、録画し配信いたします。ただし、最後の実践会の模様はできませんのであらかじめご了承ください。
あらためて内容をご説明します
内容
今のステージを突破して上へ。自分を変えるプログラム。6ヶ月で徐々にステップアップ。「卓越した存在感」(=エグゼクティブプレゼンス)を手に入れます。

オンラインコンテンツで先行学習、実践で定着をはかりながらステップを進め、6か月後に「卓越した存在感」を携え、ブレークスルーを果たします。

あなたをブレークスルーへご案内するのはプレゼンスコンサルタント®の丸山ゆ利絵です。
日本では「エグゼクティブプレゼンス」教育のパイオニア的存在であり、大企業の役員クラスや上場企業の経営者に対して個人トレーニングや研修を行っている人物です。
丸山ゆ利絵が行う個人コンサルティングコースは大企業の役員クラスや上場企業の経営者も受ける世界標準レベルです。
その知識や意識などを身につけておけばどこででも応用が効き、一生使えます。
このプログラムの参加料金
ご覧いただくコンテンツの現在の価格を合計すると、現在466,000円(税込)です。
このプログラムでは、それにオンラインのパーソナルセッションとセミナー参加がありますので、それらを合計すると概算で546,000円(税込)となる計算です。

期間と内容を考えれば、決して高くはないのですが、このプログラムの目的のひとつに「学びやすく」がありますので、その点に配慮いたしました。そこで、今後プログラムの定価として360,000円を考えています。
これは6ヶ月でブレークスルーができるプログラムです。そのために計算して作られたプログラム、起伏に富んだ内容です。そして直接あなたに関わるのは、「エグゼクティブプレゼンス」第一人者の丸山ゆ利絵です。 そう考えると、納得できる価格かと思います。 

ただ、今回は「第一期」の募集です。「第一期」は実験的な場にもなること、またどんな講師でもそうですが「思い入れ」が強くなります。そこでよく検討した結果、下記の金額で今回はオファーすることになりました。

このプログラムの料金:360,000円(税込) → 168,000円(税込)    
さらに特典として
オンラインサロン「the Upper Club」の6ヶ月ご参加いただけます!
アッパークラブは、輝く大人の年代のビジネスパーソンのためのオンラインサロンです。会員限定コンテンツ、チャットルームなどの機能があり、「学び」をより楽しく進められます。会員の中でも「S Club Member」(月会費11,000円)の権限で6ヶ月参加できます。つまり、11,000×6=66,000円相当の特典です。




ぜひこの機会に参加して「ブレークスルー」を体験してください。
コース実施要項
形   式: 専用サイトでのコンテンツ視聴による講座(テキスト・動画・画像)と
       オフライン/オンラインセミナー、セッションを組み合わせた反転学習方式。
       (スケジュールは上記にありますので、よくご確認の上お申込みください。
        
期   間: 2019年10月から2020年3月(約6ヶ月)
       (ただしオンラインコンテンツは1年間視聴可能です)
      
講   師: 丸山ゆ利絵(プレゼンスコンサルタント®))


受講者特典: オンラインサロンの「S club member」としての6ヶ月参加権(66,000円相当)

受講価格: 360,000円(税込) → 168,000円(税込)

お支払方法:銀行振込またはクレジットカード
(いずれも一括支払いのみですが、クレジットの場合は、ご利用会社によって回数払いやリボなどが利用可の場合があります。ご契約会社にお問い合わせください)
 

キャンセル・返金について: いちどご入金になりますと、キャンセル・途中退会・返金はできません。

規   定: お申込み前に特定商取引法に基づく表記をご確認ください。

販 売 者: アテインメンツ合同会社(大阪市中央区南船場3-12-21 心斎橋プラザビル新館4階)

募集は終了いたしました。
次回の開催のお知らせ希望の方は、メールアドレスをご登録ください。
※アドレスを登録されますと、セミナー等のお知らせを含んだ公式ブログ「一流人の表情学」の更新情報ををお知らせいたします。


※「自動返信メール」は2~3分で届きます。
届かない場合は、まず↓下記注意↓をよくお読みください。
【申し込んだのに自動返信メールがこない場合!】
お使いのメールソフトやサーバーによっては、弊社からのメールが「迷惑メールフォルダ」や「ごみ箱」などに自動振り分けされているケースがあります。
いちどそれらのフォルダをご確認いただけますようお願い申し上げます。

【携帯電話やスマホでお申込みの方へ!】
携帯電話やスマホの多くは、初期設定として受信できるメールを大きく制限しています。
そのため、自動返信メールは特に届かない場合が多くなっています。

メールが届かないのを防ぐために、以下のようにメール受信の設定をしてから、お申込みくださいますようお願いいたします!
●ドメイン「@attainments.biz」からのメールを受信できるようにする。
●URLが入ったメールを受け取れるようにする。

※こちらでは設定の仕方に関する質問はお受けできません。設定の仕方は各社で違いますので、お使いの携帯電話各社やメールサーバーの会社にご相談ください。

【↑上記いずれも該当しない場合↑】
お申込みが何らかの理由でこちらに届いていない可能性があります。
恐れ入りますが再度申込みフォームからお申込みをお願いいたします。