代表者が身につけるべき振る舞いとは

広報が「しまった」と思った瞬間

 

とある企業がありました。
仮にA社と呼びましょう。
従業員数も多く、大手と言える会社です。

その日、その企業は
かねてから交渉を進めていた
米国の企業と業務提携を結ぶための調印の
機会を迎えていました。

調印後は懇親のために
多くの幹部同士が出席する会食会という
スケジュールになっていました。

「しまった」

同行していたAの広報責任者が
焦ったのは、その会食での出来事。

スマートな雰囲気で
難なく食事をする米国企業幹部。
しかし
それと比較し
Aの幹部の食事の仕方は
あまりに、あまりに
ガサツだったのです。

広報が「しまった」と思ったのは
日本、米国どちらとも
いくつかのマスコミの取材担当も
その場にいたこと。

Aの広報担当は語ります。

「さすがに、
それで提携が壊れるってことはなかったし
どこかで面白おかしく
書かれたわけでもありませんでした」

しかし
その場に居合わせたほとんどの人の目に
Aがどこか「格下」という印象を
与えたのは間違いないだろう、
と広報担当は言います。

企業風土や企業の文化度は
実は社会的『評価』に影響します。
幹部の振る舞いは
企業風土や企業の文化度を
如実に表します。

”格下”と感じさせるようでは
良い影響には決してならないと
言えるでしょう。

広報担当の方は
続けます。
「そのときに
役員になる人には全員
ポジションに見合った
『心得』を得ていただく
なにがしかの機会を作るべきだと痛感し
社内での研修の進め方を考えました」。

 

幹部になる前に「見直し」ををする必要性

こんな課題認識がきっかけで
企業から
「エグゼクティブプレゼンス」の
研修の依頼を受けることは少なくありません。

海外勤務経験のある方が入社して
日本企業の中枢で勤務すると
幹部の振る舞いのレベルが
お世辞にも高いと言えないことに驚いた
というお話もどこそこで聞きます。

企業幹部や代表者、
窓口となる人は
良くも悪くも企業の雰囲気を
体現して外部に伝えます。

「幹部研修」として
幹部の皆さまにふさわしい
振る舞いを整える機会は
どの企業にもブランディングの一環として
ぜひ考えていただきたい方策です。

新入社員研修を実施する企業が
その中にマナーなどの指導を
組み入れることは多いはずです。

それはその企業の一員として
一定の振る舞い方を
身につける必要がある
という考えに基づいて
いるはずです。

そうであれば
役員研修や幹部研修にも
同様の考え方で
振る舞い方の項目を
入れるのが妥当でしょう。

高い階層に進むなら
振る舞い方も
一段レベルアップした
水準が求められて
しかるべきだからです。

ここで
「幹部になるくらいの人なら
それくらい身につけている」
だから必要ない、と
思われるかもしれません。

しかし、
海外に比べて
社会人が「魅せ方」「振る舞い」を
学ぶ機会はかなり少ないのが現状です。

食事の仕方やパーティでの振る舞い方は
それこそ海外留学や赴任でもないかぎりは
学生~社会人になる過程では
まず触れる機会はありません。

ナイフフォークなどの取り扱いより前に
咀嚼の仕方やスープのいただき方が問題アリ
のこともよくあります。

また
箸の持ち方に自信がなくて
恥ずかしい思いをしながら会食した、
という話もよく聞きます。

まあ社会人男性だったら、
誰もが知っているはずの
当たり前のスーツの着こなし。

これも一部の
ファッションに敏感な人を除き
正しい着方、アイテムの合わせ方を
あまり知らないことがほとんどです。

実際、企業研修で
経営幹部の方々に
その分野についてお伝えすると
「知らなかった」
「今まで間違っていた」
という反応が非常に多いことを
感じます。

しかし
それであっても
「年齢やキャリアを重ねているから
当然わかっているはず」
という無言のプレッシャーで
「良く知らない」とは言えないことが
ほとんどです。

そういった人たちを作ってしまう前に
エグゼクティブ
(実力者・経営幹部)として
あらためて振る舞いを整える機会を
どの企業も作るべきなのです。

できればその人が「幹部」となる前に
そのような機会を得られる体制を
作ったほうがいいでしょう。

 

 

企業として努力すべき

幹部は企業ブランド、
企業文化やレベルを体現する存在です。
CIデザインや広報活動と同じように
幹部の振る舞いもデザインすることが
これからの企業には必要です。

幹部がいたずらに恥をかくことがないよう
振る舞いを整える研修機会を整備し
研修実施をスタンダードとする体制を
構築してください。

そのような体制づくりは
幹部のパフォーマンスも上げるはずです。
仕事ができるエグゼクティブであれば
なおさら、どんなステージでも
臆することなく堂々と才覚を発揮できるよう
振る舞いに自信をつけられるように
してください。

今は多くの方が
「見られて」います。

色々な情報が、SNS などで
あっという間に拡散される今日この頃。
外部だけでなく、社員などから見たときに
幹部がイメージさせるものの重要さについて
もっともっと考えるべき時代です。

 

 

丸山 ゆ利絵

プレゼンスコンサルタント®/アテインメンツ合同会社 代表

 

企業研修・講演

幹部・リーダーのプレゼンスこそが企業の実力と可能性を内外に伝えます。

経営幹部のプレゼンス向上、エグゼクティブ養成のための研修プログラム等です。幹部・リーダーなど「キーパーソン」が見せる存在感や振る舞いこそ企業の実力と可能性を内外に伝えます。ビジネスを有利にし内部の向上意欲を高める人材育成をお手伝いします。
ポジションや役割にふさわしい佇まい、振る舞いのグレードアップ、リーダー的立場にふさわしい卓越したコミュニケーション力、品格があらわれる服装、エグゼクティブにふさわしいマナーなどのテーマのほか、海外赴任者に特化したプログラムが用意されています。

 

企業研修・講演について詳しくはこちら

 

 

 

 

 

本当にデキる人”になりたい方のための「10の秘訣」がメールで学べる

 

無料講座

無料で購読開始









 

読者登録はこちらから

メールで更新情報をお届けします

いつでも見られるオンデマンド講座