上に立つ人の資質=卓越した存在感・人間力

「上に立つ人に求められる資質」を表すビジネス用語

「幹部の、上質な」という意味の「エグゼクティブ」と、「存在感」とが組み合わされた言葉、「エグゼクティブプレゼンス」は、「上の人に求められる資質」を表すビジネス用語です。

その中身をわかりやすく言うと、以下がふさわしいでしょう。

●︎短時間で人の心をつかみ信頼を得る魅力

●︎人を動かす真のリーダーシップ・影響力

●︎全身に漂う「ワンランク上」の雰囲気

エグゼクティブプレゼンスはこのような要素による総合的な「人間力」です。

どの時代にも”自然に上に立つ人””選ばれる人”は 持っている

「社会的に高い地位・職位や社格にある人、高い専門性を持つなど指導者的立場の人」つまりリーダー的なポジションにある人には常に周囲から期待されるものがあります。例えばオーラのように感じるもの、上に立つ人にふさわしい卓越した存在感、一流を感じさせる上質な雰囲気や振る舞い、などです。

また、そのポジションや役割、責任、キャリアや年齢によっては「豊かな経験値を感じさせる大人イメージ」「品格」「余裕」「落ち着き」なども期待されます。

「上に立つ人はこうあってほしい」が当然の思い

「どこか違う」「さすが」と感じる要素で納得させてほしい、というのが成功している人、社会上層部や自分の上位にいる人に対して多くの人が持つ気持ちです。

欧米では古くからこのような要素は「上に立つ人に必要な資質」として当たり前のように認識されてきました。日本ではまだ知らない人も多いですが、欧米の場合「エグゼクティブプレゼンス(Executive Presence)」という言葉は誰もが知るごく一般的な言葉です。

能動的に行動選択できる、客観的・戦略的な思考

身だしなみや服装、態度や物腰、洗練された動作や話し方、公共の場でのマナーも含めて、優れた振る舞いが「人の上に立つ者」には必須と考えられています。しかし、そのような表層にとどまらず、思考のあり方もまた「エグゼクティブプレゼンス」のひとつです。

ふさわしい振る舞いのためには、自分で意図を持ち能動的に行動選択できる、客観的・戦略的な思考も必要とされます。また、表面的な装飾にとどまらない、高い資質を示せる表現力や必要に応じて適切に自分に演出を施せる力も必要です。

「さすが」「できそう」心理的優位がビジネスを加速させる

また、「エグゼクティブプレゼンス」は他人に「さすが」と思わせるような、優れた印象を与えます。このような印象を持つ人は実際にビジネスシーンでも強いのです。

なぜなら、心理的な優位性を得やすいからです。誰だって目の前にいる人間を通して、ビジネスのクオリティを測ります。優れた印象と凡庸な印象の人間では、生み出せる金額も変わります。ビジネスの現場で常にそのような優位性を持てるようにするのは、大切なビジネススキル。初対面の挨拶、商談、プレゼン、営業、人が能力を発揮するあらゆる場面で役立つ武器となりビジネスを加速させます。

誰もがどこかで必要になる「エグゼクティブプレゼンス」

エグゼクティブプレゼンスは「限られた一部のトップ」だけに必要とされるものではありません。実は社会で自らを上昇させようとする人すべてに必要となるものです。

社会では仕事などの実力で評価されるのが当然。しかし、仕事の出来だけで評価される時期は意外と早く終わります。問われ始めるのは「プラス・アルファ」です。

昇格、独立、など 人は誰でも成功の過程で上に立ち、リーダー的役割を多く経験していくことに なります。そこでは、上に立つ人にふさわしい資質が 感じられるかどうかが成功の分かれ目です。 仕事だけにフォーカスすると信頼は手に入らず、下から慕われもしません。ですから、必ずどこかで「その人が高いクオリティを持つことを示す人間力」が求められるように なってきます。 選ばれる人になるなら、その人間力=エグゼクティブプレゼンスを身に備えておかなければ困ることになります。


特にこんな人たちには「エグゼクティブプレゼンス」が必要です
経営幹部・役職者
女性リーダー
専門家・コンサルタント
高額営業・コンサル型営業のご担当
「選ばれる人」を目指すビジネスパーソン
起業家・自営プロフェッショナル

もしも、あなたが

こんなことに悩んでいるなら、必要なのは「エグゼクティブプレゼンス」です
  • 実際の役職などより格下に見られる
  • あまり人に覚えてもらえない
  • 軽く見られる/頼りなく見られる
  • 振る舞いに自信がない
  • 仕事に自信があるが、成績が伸びない
  • 余裕や落ち着きを身につけたい
  • 説得力、影響力を高めたい
  • 大人の社会人としてきちんとしたい
  • 役割の重さにに比例して成長したい
  • 部下に慕われたい
  • 自分を洗練させたい
  • グローバルに通用する立ち居振る舞いを身につけたい
  • どこに出ても恥ずかしくない自分になりたい
  • キャリアや年齢にふさわしいヒューマンスキルを身につけたい

エグゼクティブプレゼンスについての誤解

生まれつきの才能でしょう?=NO

「エグゼクティブ・プレゼンス」は「天賦の才」、つまり生まれつきの才能ではありません。非常に常識的なことを後天的に身につけていくことで身にまとえるものなのです。 もちろん、生まれつき人とは違う雰囲気を持っていたという幸運に恵まれた人はゼロではありません。しかし、社会で活躍し人から「さすがだ」「一流だ」と思われている人のほとんどが、成功の階段を昇って行く過程で自分に必要なものに気づき、身につける努力をしています。

身につけるために真に役立つトレーニングは、まだ日本では少ないですが、日本で最初に専門トレーニングを提供し始めた弊社では個人トレーニングプログラムと企業研修プログラムの両方をご用意しています。

上品なマナーやおしゃれのことでしょう?=NO

エグゼクティブプレゼンスに求められるイメージは「大人」「品格」「余裕」がありますのでふさわしい身だしなみや服装、公共の場でのマナーは当然必要です。ポジションの高い方でありながら心もとない場合には、早急に磨いていただく必要があります。

しかし、真に「さすが」と思われる存在感を持つ人となるには、受け身の状態で、ただ上品マナーの講習やおしゃれな服装の提案で満足していただいてはダメなのです。

大事なことは自分自身が自分のために、身につけるものから振る舞いまでを「選ぶ」意志を持ち、客観的・戦略的な意図を持って選ぶ態度であることです。その意図を助けるのが、いざ選ぶときの「知識」です。確かな選択肢を持つための学びをぜひ始めて下さい。

背伸びしてエグゼクティブを演じることでしょう?=NO

「プレゼンス」「エグゼクティブプレゼンス」は空の自分に無理やり演技をさせることではありません。その人が持つ魅力や能力をより高い表現力、より良い自己演出力で「可視化」することです。

誰しも自分の魅力や能力を十分に見せられているわけではありません。自分で気がつかなかった部分に意識を向け見せ方や行動を変えるだけでもその人の存在感は変わるのです。

弊社のトレーニングでは、外見の印象を高めながら、内部の意識を高め、ご自身のブランドと必要なマインドを確立します。その過程で上のステージに求められる知識を吸収していく進め方ですので、演じるのではなく的確な自己表現、自己演出ができるようになります。いわば「一皮むけた」状態で、望むステージに向かいやすくなるのです。

3つの領域のバランスが「鍵」

よく誤解されますが、エグゼクティブプレゼンスに大切なのは「外見」だけではありません。「惹きつける力」と同時に「働きかける力」が必要です。その2つの力は3つの領域で磨けると同時に、それぞれの領域での力がバランスをとれていることが重要です。

1

印象コントロール

「印象」を「見た目」としか解釈しない人は多いですが、実際は人の感覚や感情に影響を与える非常に重要な領域です。印象に対する意識を変え、コントロールするための知識・スキルを持つと、魅力だけでなく説得力や影響力も格段に増します。
「印象コントロール」は見た目だけでなく自己演出力、表現力を高めることが必要です。

2

コミュニケーション

「どうしてあの人の言うことは聞いてしまうのか」。卓越した存在感を持つ人は卓越したコミュニケーション力を持ちます。それが人への影響力に表れます。また余裕や落ち着きといった外見の印象も実はコミュニケーションの知識やスキルが関わっています。上に立つ人には修得必須のコミュニケーション知識やスキルがあります。

3

自己設計

自己設計とは自分が持つ価値観や意図を明確にしていくことです。いわば自分のコンセプトメイキングやブランディングです。印象コントロールもコミュニケーションも、その価値観や意図により人に影響を及ぼすようなパワーになり得るのです。
他者を圧倒する存在感を持つのは、自分の核となる信念を持ち、それを強く意識できている人です。信念は自己設計のプロセスを経ていくことでよりしっかりと形成されていきます。

トレーニングの項目

人を惹きつけ、人に働きかける力を持つ人に共通するのは、いくつかの心得や基本を身につけています。それは、下にある9つの項目における基礎知識やスキルです。「エグゼクティブプレゼンス」を身につけ、磨くトレーニングはこの9つの項目が基本となり、目的に応じて組み合わせられています。これらを体系的に身につけていくことで、効果的にプレゼンスを磨いていくことができるのです。

また、エグゼクティブプレゼンスが不足している、というときにはこれら9つの項目のどれかがスタンダードレベルに達していないことが考えられ、その項目のブラッシュアップを重点とすることで、早期にプレゼンスのレベルアップが可能となります。

表情・視線・姿勢
動作・基本の所作
声・話し方
服 装
心理学・コミュニケーション
エグゼクティブ・マナー
プレゼンテーション
リーダーズマインド
メンタル・自己イメージ

「存在感」は自分のためだけではない

あなたに関わる相手が、関わることに誇りを持てるようになる
エグゼクティブプレゼンスがある人は、このような特徴がある存在です。

●短時間で人の心を掴み 信頼を得ることができる魅力を持つ

●真のリーダーシップ、説得力、影響力で 人を動かせる

●全身に「ワンランク上」の雰囲気をまとう

周囲にとっては、一緒にいて信頼を感じるに十分な特徴です。安心してコミュニケーションができ、また「さすが」と感じることで自然と良い刺激を受けます。
企業であればそのブランドは上質に感じられます。商品の品質やサービスもイメージ高く見られるのです。自営の方であれば、本人のプレゼンスは尚更ブランドイメージのために重要です。顧客は、あなたがいることで、あなたが関わる商品やサービスを利用できることに安心と心地よさを感じます。

部下にとっては、上にいる人間のプレゼンスが向上の元となります。誰だって尊敬できる人、憧れる人が近くにいれば「あんな風になりたい」と意欲がわくはずです。
エグゼクティブプレゼンスがある幹部が多い会社では、自然と健康的な企業文化となり、無理なく統率がとれやすいものなのです。
逆に「どうしてあんな人が自分の上に」  と感じる人が多ければ、意欲やモラルは決して上がりません。              

あなたに関わる相手が、関わることに誇りを持てるようになる。そんな存在になることで、あなたは周囲に大きな価値を与えられるということなのです。                                
       

Service

個人トレーニングコース・研修プログラムや講演、オンライン講座など、
課題やスタイルに合わせて選べる「エグゼクティブプレゼンスの身につけ方・磨き方」

トレーニング・プロデュース

エグゼクティブプレゼンスを身につける/磨くトレーニング。個人でお申込みの方に最適な学習プログラムです。

研修・講演

経営幹部のプレゼンス向上、エグゼクティブ養成を目的とした法人対象の研修プログラム等です。

オンライン講座

多忙を極める方、地方在住の方など対面のコースに通うことが難しい方のために生まれたオンライン学習のプログラム。

入門メール講座

実践的アドバイスで、いつの間にか「エグゼクティブプレゼンス」が自分のものに。
昇格した、部下ができた、もう一つ上のステージに進みたい、など「そろそろ変わりたい」と感じているあなたは必見の入門編メール講座です。

トレーニングの選び方や進め方、研修に関するご希望など お気軽にご相談ください