男性スーツの着こなしの盲点とは

スーツの着こなし、できていますか?

プレゼンス・コンサルタントの丸山ゆ利絵です。

ビジネスにおける印象コントロールや振る舞いについてお話ししています。

日ごろ、企業研修を担当したり、個人案件でのご相談にのっていると、
スーツの着こなしで損をしている人、何人もにお会いします。

これだけ男性の服飾店が増え、男性ファッション情報誌でも満載されているのに
「そもそも、ここがわかっていない」
と思うポイントがあまりに多いのです。

私が主宰する「スーツ塾」というセミナー活動でも
そういったポイントについて説明させていただいていましたが
昨年(2017年)秋
そういったポイントについて
日経電子版「NIKKEI STYLE(Men’s Fashon)」コーナーで
3回シリーズで記事を書かせていただくチャンスがありました。

 

明暗分けるスーツの着こなし 5つのポイントで決める
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO21750870Q7A930C1000000?channel=DF060420172337

それじゃ残念な人 最低知っておくべきスーツのルール
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO22646200U7A021C1000000?channel=DF060420172337

その髪形でスーツ? 「二流感」を拭う5つのポイント
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO23787330S7A121C1000000?channel=DF060420172337

 

多くの反響に驚く。その理由は?

3回に分けて書かせていただきましたが
「ファッション」というより身だしなみの基礎編といった趣で
どちらかというと地味な内容です。

しかし、なんど驚くことに担当の方も驚くくらい多くの方がクリックしてくださったのです。

結果、掲載は2017年がほとんど終わりかけた時期であったにもかかわらず、
同コーナーの「2017年に読まれた記事」ベスト20
3つの記事がそれぞれ
18位、6位、3位、という結果をいただきました。

 

正直、どうしてそこまで読んでいただけたのだろう、と不思議でしたが
周りの人からは

「みんな基本がわからず、潜在的に不安な気持ちを持っているのではないか」

という声を聞きます。

 

男性ファッションの情報誌でも、男性用のショップでも
スーツのコーディネート、という意味での
「着こなし」の情報は多く得られます。

しかし、雑誌を見ても、ショップの店員のアドバイスを聞いても
スーツを着る本来の目的に添うような着こなしが
どれほどできているのか、ということについて
判断基準はあやふやなままのように思えます。

ですから、このように基本情報に興味を示していただけたのかもしれません。

まだ読んでない、興味がある、という方は下のリンクからご覧になれます。
ぜひご覧ください。
もしかしたら、あなたでもまだ知らないことが書いてあるかもしれません。

 

明暗分けるスーツの着こなし 5つのポイントで決める
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO21750870Q7A930C1000000?channel=DF060420172337

それじゃ残念な人 最低知っておくべきスーツのルール
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO22646200U7A021C1000000?channel=DF060420172337

その髪形でスーツ? 「二流感」を拭う5つのポイント
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO23787330S7A121C1000000?channel=DF060420172337

 

また NIKKEI STYLE 様に掲載していただけることがありましたら
お知らせいたします。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。