一流の人は何が違うのか。/一目でわかる5つのポイントで考える

 

「一流の人」には「何か、人と違う雰囲気」があります。

ぱっと知っている人を思い浮かべる人、
有名なスターなどが思い浮かぶ人、

さまざまだと思いますが、
そのイメージは明らかに一般人のイメージとは違います。

 

「一流」と「その他」の一目でわかる違いは?

 

「一流の人」がすぐにそうとわかる見た目のポイントを考えてみましょう。

よく「華」や「オーラ」などの言葉で表現されますが、一流の人は、見た目の「生気」を発揮しています。見た目の生き生きした様子があります。

もちろん、社会的に活躍していることも「一流」の証ですから、何かをなしとげる意欲やエネルギーのような目に見えない「生気」を持っている人ばかりでしょう。しかし、誰の眼にもどこか輝いて見えます。

だからといって、やたらギラギラしているわけではありません。そのような暑苦しいイメージではなく、いたっておだやかなイメージです。ほのかに輝く、といえばイメージがわかりやすいでしょうか。

その輝きは、大勢の人の中にいてもそこだけぽうっと明るく光るような感覚、面と向かえばはっと、目が開かれるような感覚です。誰にでも明らかに「違う」と思わせます。そこではっきりと「一流」と「その他」に見た目で分かれてしまうのです。

では、明らかに「違う」と思わせる、そんな輝きを作っているのは何でしょうか?

 

 

どこにいても光る人の外見ポイント5つ

 

上で書いたように、意欲やエネルギーのような目に見えない「生気」を内に持っているのが一流ですが、その生気にふさわしく、外見に対しても意識が高いことも一流の特徴です。

服装や身だしなみもしっかりしてますが、自分が持っている身体の要素も怠りなく整えています。ですから、下のような特徴があるのです。

 


①眼がいきいきとしている

目の状態は人が無意識に知覚する部分。メンタルや知性も目に表れます。いきいきしていれば、それだけで関心が引き付けられます。反対にどんよりと生気のない眼差しに人は惹きつけられないし、また期待を感じてもくれません。

 

②表情が締まっている。笑顔が特に決まっている

きりっと引き締まった顔には誰もが魅力や信頼感を感じます。ゆるんだ顔つきやだらしない笑顔、のっぺりとした無表情な様子は誰から見てもNG。ただし、引き締まった顔とは「厳しい顔つき」ではありません。明るい表情でいて、しかもきりっとしていることが重要なのです。

 

③姿勢や動作がきれいで、あまり隙がなく見える

すっと伸びた姿勢や、メリハリはあって隙のない動作は、人の中にいてもなぜか目立つものです。「一流」という感覚がいちばんぴったりするところ。ぜひ早いうちに身につけておきたいものです。

 

④挨拶の声が明瞭である

明瞭な声であいさつできる人には自然な自信やポジティブな生き方が感じられます。はっきりと聞こえなかったり、もぞもぞと語尾が消えるような挨拶では、一流どころか二流イメージになりますので、しっかりはっきり発声したいものです。

 

⑤まっすぐに相手を見る

視線のまっすぐさは、健全な自信や安定感を人に感じさせる要素です。会う時、話す時、人をまっすぐ見ることができる人に、人は知らず知らずのうちに惹きつけられます。


 

いかがですか?

「なんだ、簡単なことなんだ」。そう思うかもしれません。いえ、そう思うのが自然でしょう。しかし、本当にこの5つのポイントが整っている人は少数です。上のように心がけている人は多いのかもしれません。しかし、人から見て、そうだとわかるように表現できている人は少数なのです。

簡単に思えるけど難しい、身体要素のコントロール。

でも、ぜひ意識していただきたいところばかりです。これらが5つができれば、間違いなく普通の人にはない輝きが身につきます。これら5つは、対人魅力を高める要素でもあり、誰をも輝かせるポイントだからです。

 

簡単なことから磨いていこう

 

5つのポイントを繰り返しましょう。

 

①眼がいきいきとしている

②表情が締まっている。笑顔が特に決まっている

③姿勢や動作がきれいで、あまり隙がなく見える

④挨拶の声が明瞭である

⑤まっすぐに相手を見る

 

なるほど、それでは真似してみようかな、と思ったあなた。後から「真似してよかった」と思うでしょう。

ただし、これらのポイントの中には、もし今まで意識していなかった場合すぐに真似するのが難しいものがあります。

例えば①は、目をいきいきと輝かせる方法を知りたくなるでしょう。②は締まった表情とはどのようなものか、どうすれば表情が締まるのかがわからないと困るでしょう。③もきれいな姿勢や動作のセオリーを知って、多少練習しなければなりません。

しかし、だからと言ってがっかりしないでください。④や⑤は今日、何でしたら今この瞬間から「やろう」と思えばできることです。ぜひ挨拶を明瞭にし、まっすぐ相手を見ることから始めて下さい。

その上で、目をいきいきと輝かせる方法や表情を締める方法、きれいな姿勢や動作のセオリーを知りたければ、ぜひ私のセミナーや講座に来てください。

見た目が変わるだけで内面もそれに合わせて変わります。その繰り返しはあなたをいつの間にか「一流」の場所に連れて行く正のスパイラルになるでしょう。ちょっとした興味があなたの未来を変えることだってあるのです。

まずは、この下↓にある無料メール講座↓などからいかがでしょうか。

 

 

 

丸山 ゆ利絵

プレゼンスコンサルタント®/アテインメンツ合同会社 代表

 

 

本当にデキる人”になりたい方のための「10の秘訣」がメールで学べる

 

無料講座

無料で購読開始









 

読者登録はこちらから

メールで更新情報をお届けします

いつでも見られるオンデマンド講座