「しまった」と広報が思った場面

あまりに、あまりだった

とある企業がありました。
仮にAと呼びましょう。
従業員数も多く、大手と言える会社です。
その日、その企業は
米国の企業と業務提携を結ぶことになったとき
調印をして、その後懇親のために
多くの幹部同士が出席する会食会という
スケジュールになっていました。

「しまった」と同行していたAの広報責任者が
焦ったのは、その会食での出来事。

スマートな雰囲気で
難なく食事をする米国企業幹部に比べ
Aの幹部の食事の仕方が
あまりに、あまりにガサツだったのです。

「しまった」と思ったのは
日本、米国どちらとも
いくつかのマスコミの取材担当も
その場にいたこと。

Aの広報担当は語ります。

「さすがに、
それで提携が壊れるってことはなかったし
面白おかしくどこかで書かれたわけでもありませんでした。

でも、その場に居合わせたほとんどの人の目に
うちの会社はどこか「格下」という印象を
与えたでしょう。

こういうことは非公式な『評価』に影響します。
企業風土や企業の文化度に関して
”所詮は…”と言われるようなことでは
良い影響には決してならない。

役員になる人には全員
ポジションに見合った『心得』を得ていただく
なにがしかの機会を作るべきだと痛感しました」。

なぜ幹部になる前に「見直し」をしないのか?

こんな課題認識がきっかけで
企業から「エグゼクティブプレゼンス」の
研修の依頼を受けることは少なくありません。
でも、
まだそういう認識をお持ちでない企業は
多いでしょう。

悪いことは言いません。
今のうちにちゃんと計画すべきです。

新入社員研修を実施する企業が
その中にマナーなどの指導を組み入れることは
多いですね。

それはやはり、その企業の一員として
ちゃんとした振る舞いをしてほしい、
ということで、「心得」を授ける意図が大きいはず。

役員研修や幹部研修も同様に
「企業イメージを体現する人として」
「見せ方」や「振る舞い」のレベルを
一定に整えるべきでしょう。
しかし、そういったカリキュラムを
組み入れるところはまだまだ少ないと言えます。

幹部になるくらいの方は
ずっと社会で経験を積んできたわけだから
今さら必要ない、ということなのでしょうか。

でも、
海外のエグゼクティブにとっては当たり前のことも、
私たちの周りには
なかなか学ぶ機会が実はないのです。

例えば男性だったら、誰もが知っているはずの
当たり前のスーツの着こなし。

幸いにもきちんとした着方やルールを
どこかで教えてもらえた人は幸運です。

しかし、ほとんどの方が
一目で「崩れている」とわかる着方をしていたり
TPO的にどうなのか、
という着方を知らずにしていたりします。

そして食事やパーティのマナーもそうです。
年齢やキャリアを重ねていくにつれて
いつの間にか周りも、そして本人も。
「知っていて当たり前」と感じるのが普通です。

でも、実際はきちんと学べる機会などまれなのです。

ですから、いざとなると自然に振る舞えない、
だからといって
「今さら聞けない、習えない」と
ひそかに不安を覚えている人が
けっこういらっしゃるのが実情です。

ちょっとした食事のマナーは学校で実習した
という人もいますが
それで止まっていると、
エグゼクティブらしさが感じられない
うろ覚えのぎごちない振る舞いになることも
多いのです。

ナイフフォークなどの取り扱いより前に
咀嚼の仕方やスープのいただき方が問題アリ
のことも多いです。

また
箸の持ち方に自信がなくて
恥ずかしい思いをしながら会食した、
という話もよく聞きます。

 

企業としても努力すべき

いつ、どこに出ても恥ずかしくないように、は
仕事ができるエグゼクティブであれば
必須のことです。
「転ばぬ先の杖」をぜひ意識してください。

企業内に関わらず、
社会的なポジションが上がると
ご自身が背負うものや
意図しなくても自らが企業や仕事のイメージを
体現しなければならないことが増えてきます。

ご自身でも振り返りながら
必要に応じて「見え方」「振る舞い」を
発展させていくのは重要でしょう。

しかし、企業自体が
「企業イメージを体現する人」の
「見せ方」や「振る舞い」のレベルを
一定に整える努力を怠ってはいけません。

「見え方」「振る舞い」とも
何か知識を入れれば即効のものもあります。
例えば姿勢などがそうです。

しかし、食事でのこなれた振る舞いなどは
頭で覚えるだけでなく
身体を慣らせていかなければならないものです。
必要だと思っても間に合わないことが
往々にしてあるのです。
幹部対象研修の実施などお考えであれば
できるだけ早く計画したほうが良いですよ。

色々な情報が、SNS などで
あっという間に拡散される今日この頃。
外部だけでなく、社員などから見たときに
幹部がイメージさせるものの重要さについて
もっともっと考えるべき時代です。

これがあなたの分岐点になるかもしれない