春は出会いと別れの季節です。

そのせいでしょうか、

「贈り物」に関するちょっとした相談をいただくことが最近よくあります。

 

特に多いのは「社会の先輩として、若い相手に何かを贈るケース」

何が最適なのか迷います。

 

なぜなら、相手をあまりよく知らず、そんなに予算もかけられないからです。

 

だからといって、安っぽいものも贈りたくないし、先輩としての格も示しておきたい。

何より、まだまだ若い相手に役立つものを贈ってあげたい。

 

そんなときには、どう選べばいいのでしょうか?

pen

社会人だからネクタイ?

 

もしも、モノを贈る相手がよく知る「年下の男性」であったら、

「ネクタイ」は良い選択かもしれません。

 

そのかわり、

相手がだいたいいつもどんなものを着ているか、

あるいはどんなテイストを好むのかを知っている必要があります。

そして、

あなた自身がそれなりに趣味が良く、

それなりにスーツの着こなしについて知識があることも大切です。

 

そのうえで「彼には、こんな感じが役に立ちそうだ」と選んで

贈ってあげるのはいいかもしれませんね。

 

……すみません。このように皮肉っぽく言ってしまうのは、

ネクタイはその人の雰囲気を結構左右してしまうものなので、

もし贈るとしたら、かなり気を遣わなければならないはず、と思うからです。

それなのに、安易に贈る場合も多いように感じているからです。

 

予算にもよります。

2万くらいの予算をかけられるのであれば、

それなりのショップでアドバイスをもらいながら

それなりに質やテイストの良いネクタイを選べる可能性は上がるかもしれません。

 

しかし予算がそれより低ければ、良いものを選べる可能性はそれだけ低くなります。

低い可能性の中で、人のために良いネクタイを見つけるのは至難の業です。

 

安易に質の悪いものを贈ってしまっては、ご自分の沽券にも係わりますし、

相手のためにもなりません。

だから、ネクタイを贈り物に選ぶのには注意が必要です。

女性に対してのアクセサリーなども、同様で注意が必要です。

 

名刺入れや財布は?

 

ネクタイの他にも、名刺入れや財布などの皮革製品も

考えられますね。

ただし、名刺入れや、財布は毎日使うもの。

それだけに、自分の感性や仕事などのスタイルにマッチするかどうかは

使う人にとって重要です。

 

また、デザインやテイストの他に、

日常や仕事で使うものなので「機能性」もとても気になる部分です。

もしもあなたが、

贈る相手と縁(ゆかり)が深い人であったり、

上司として相手をよく知る人であったりするのなら、

「彼/彼女もそろそろこういう品(やブランド)を使ったほうがいいな」と考えて

相手から見ればワンステージ上に感じるような品物を贈る、

というのは非常に相手のためになるでしょう。

 

ただ、そういった品物の場合は、値はもちろん張ります。

 

多くない予算の中で、

相手のこれからのライフスタイルや次のステージを考えることなく

買えるものを買って贈る、というのは

相手に対しても失礼であり、あなたの社会人としての経験や感性も疑われかねません。

 

実際にこういうグチも聞いたことがあります。

 

「異動のときに直属の上司から贈られたのが、名刺入れ。

 革とキャンバス地でできた超カジュアルなものだった。

 学生がサークルの名刺を入れるのであれば、まだ使えそうなデザインだったけど

 あんなのを持って得意先に挨拶できないし、

 何より、自分はもっといいものをもうすでに使っている。

 頂きものに対して悪いけど、

 今まで一緒に仕事をしてきたのに、ナゼ、イマ、コレ?と思って。

 正直言ってもともとすごく尊敬していたというわけではないけど

 本当にその人を見る目が変わってしまいました」。

 

そんなこといったって、予算がないからしょうがないじゃないか!

と怒りそうな人もいらっしゃるかもしれません。

そんな人は

贈り物の種類を変えて、予算を有効に使うことを考えてみましょう。

 

相手のじゃまにならず、相手に役立つものは?

 

相手のテイストに関してよく知っているという自信がなければ

「愛すべき消耗品」を探す、ということにフォーカスしてみます

 

「愛すべき消耗品」とは、

質が良い、そしてそれだけに値段も少々高く、

若い社会人が自分のために買うには勇気がいるような消耗品です。

 

例えば、私自身が贈ってよく喜んでいただけるのは、上質なハンカチ。

上等なリネンやコットンで作られ、ふちは丁寧なかがり縫いのものです。

 

色は白か、薄いブルー。派手な模様や柄は入っていません。

せいぜい織り柄か、同色の糸によるイニシャルの刺繍くらいです。

1枚だいたい2,500円~5,000円くらいと、

若い社会人が自分で買うものとしては安くありませんが、

贈り物としてはリーズナブルです。

 

ハンカチ程度であれば、その人の雰囲気を左右するようなことはありません。

しかも、上質なものであればいざというときには結構重宝するものです。

 

上等なペーパーアイテムも喜ばれることが多いものです。

ペーパーアイテムとは「紙製品」ですね。

シンプルで質の良いレターヘッドと封筒、

同じくシンプルなカードと封筒のセットなどは

デスクの引き出しや仕事用のバッグの中にあると

ちょっとあらたまったメッセージのときに思いのほか役立つものです。

 

革製のレポートパッドホルダーも、

顧客の前で資料を出したりする人には向いています。

黒やダークブラウンの、シンプルで男女問わないデザインのものが多いので、

相手のテイストからはずれる心配もあまりありません。

しかも名刺入れや財布と比べて

安価でも比較的ちゃんとしたものが手に入ります。

 

相手にとって「ちょっと良いもの」をする機会

 

また、「消耗品」としては

「しっかりしたブランドのそれほど高くないバージョンのボールペン」

(長くてすみません)も意外と役立ちます。

 

万年筆の場合は使う人、使わない人がはっきりしているのですが、

ボールペンは使う人も頻度も多いです。

自分でちゃんと気に入ったブランドをすでに持っている人でも、

しっかりしたブランドのものなら、セカンドとして喜んで使ってくれそうですし、

今までペンなどに気を遣ったことがなかった人であれば、

ちょっと良いものを使う経験をしてもらえるメリットがあります。

 

「ちょっと良いもの」は、意外と刺激を与えてくれます。

 

私自身は、むかし見るからに高価そうなノートを

5冊くらいまとめてキレイにリボンがけされた状態でいただいたことがありました。

 

「こんなノートを使うような仕事はまだできない」と思いましたが

「このノートにふさわしい仕事がしたい」という夢を同時に持つことができました

相手はそこまで思って贈ってくれたのでしょうか。

今となってはわかりませんが、

やはりその時に考えたことを覚えているくらい印象深い贈り物だったのは確かです。

 

 

相手にどんなメッセージを受け取ってもらいたい?

 

人にモノを贈るときには、

誰もがその人に対して何らかのメッセージを届けたい気持ちでいると思います。

 

特に年下の人にモノを贈るときには、

あなた自身がその人に願う、

これからのその人の成長であったり、

その人に見てほしい上のステージであったりするはずです。

あなたが年下の人にモノを贈ろうとするとき、

どんなメッセージをあなたは贈りたいか、または贈れるのか?

そんなことを考えて、しっかりそれを伝えてください。

本当はそれが一番大事なことかもしれません。

 

 

「スーツ塾 動画講座」

見た目の仕事力が決め手。スーツの知識と着こなしセンスを動画で身につける

 

丸山ゆ利絵 

(アテインメンツ合同会社代表 プレゼンス・コンサルタント


「損をしている今の状況から抜け出したい」
「自分が目指すステージにふさわしい存在感や雰囲気を身に着けたい」
「成功体質になりたい」

そう思われる方は
ぜひ「プレゼンス」「エグゼクティブプレゼンス」を
今日から強く意識してください。
 

一流の人になるカギこのサイトをご覧になるほかに、以下のアクションをご提案します。
  • 一流の持つ存在感を身に着ける方法を無料メール講座で知る
「エグゼクティブプレゼンス初級講座」の購読申込みをどうぞ(公式サイトへ移動します)
  • 重要で具体的な見直しポイントを学ぶ
  「無料ウェブセミナー」でご覧ください(公式サイトへ移動します)
  • コンサルティングやレッスンを受けたい
  「個人対象メニュー」のご案内をご覧ください(公式サイトに移動します)


そのほか色々な情報を簡単に手に入れたい方は、 「メールアドレス登録」をお願いします!
メールアドレス登録は下のフォームからどうぞ↓
●●●メールアドレスをご登録ください●●● セミナー開催情報など「一流人の表情学」から新しい情報をお知らせします。