一流はビジネスのときも香水やコロンを使う?

一流の人、というと「きちんとした身だしなみ」
と連想する人も多いのではないでしょうか?
では、身だしなみに
香水やコロンといった「香り」も加えるべきでしょうか?

 

私は体臭がないから、「香水」なんて必要ない。
なんて言わないでください。

それは大きな誤解だし
「香り」は大切な要素なのです。

では、ビジネスのときでも必要でか?
また、身に着けるとしたらどのような香りか?

を考えていきましょう。

 

「嗅覚」が印象に大きく影響する

「身だしなみ」は色々な必要なポイントがありますが、
中でもかなり大切なのが、ご自分の「臭い」
つまり、体臭や口臭への注意です。

人間が臭いを感じる器官「嗅覚」は、
他の動物には劣るそうですが、
それでも、記憶や認識にとても大きな影響があるそうです。

何かの香りを少し嗅いだだけで、
ふっと昔の記憶がよみがえってきたり、
そのときの感情の動きが呼び覚まされたり
したことはないでしょうか?

食べ物の香りを嗅いで、「お腹すいたー!」と
急に食欲を覚えたりしたことはないでしょうか?

「嗅覚」は他の器官(視覚・聴覚・味覚・触覚)と違い、
脳の中でも本能的な働き、記憶や情動の役割をする場所に
直結していることがわかっています。

理性など関係なく、
「記憶」「感情」「感覚」を揺り動かし
それらに影響するのです。

ですから、
申し訳ないですが、
その人のまとう匂いが良くなければ
つまり「臭ければ」

どんなに良い人でも
人から敬遠されたり
見下されたりすることは
どうにもしかたのないことなのです。

 

身だしなみはまず「におい」対策

嗅覚は、人間にとっては
外界のさまざまな事象に対する
センサーのような役割であることはわかっています。

 

ですから、人間が人に与える印象を考える上で、
最も注意が必要なのが「嗅覚」「におい」なのです

 

残念なことに、人間は臭います。それは当然のことなのです。
人間は常に皮脂などを分泌しています。
分泌されたものには常在菌がつき、
その活動によって臭気を発します。

「僕は(私は)あまり体臭がありません^^」
こう言って、自分で安心している人が少なくありませんが
これは、ほとんどが間違っています。

人間は自分の臭いには気が付きにくいものです。
それも当然です。
生まれたころから慣れ親しんでいる匂いですから。

しかし、他人があなたの臭いを気にしないとは限りません。
むしろ、非常に気にされる可能性が高いのです。

これを勘違いして「自分は臭わない」と思ったまま無頓着でいると、
知らないうちにエチケット違反をしてしまう可能性が
非常に大きくなるわけです。

そして、そうなれば当然その人の周囲に与える印象は悪くなります。
それも瞬時に悪くなります。

 

自分の印象が大切だと思うなら、
毎日のシャワーやお風呂で身体を清潔に保つのは、言うまでもない当然のこと
さらにビジネス時は、季節を問わず制汗剤の利用をおすすめしています。

 

「一流」は香水やコロンも使いこなす?

最近は一流のホテルのエントランスやエレベータホールで
フレッシュなハーブや花など、
とても心地よい香りに気づくことも多くなりました。

「香り」ももてなしのうち、と考えるホテルが多くなっているのですね。

 

そして一流の方も同じように
「香り」も気遣いのうち、と考えている方が多いように思います。

正直言って、一流の方が多く集うような場所は、
そこに漂う良い香りでもわかります。

 

では二流が集まる場所は?
というと、その反対になるのです。

「二流感」がイヤな人はまず清潔にすること、
自分の体臭を抑える「制汗剤」の使用が最低限のエチケットである、
と上で言いましたが、

それだけで終わらず
「周囲の人にとって心地よい香り」や
「自分の存在をそれとなく知らせる香り」をたしなむのが
「大人のセンス」であると言えます。

「一流の人」はそう考え、
きちんとフレグランス(香り)を身に着ける人が多いのです。

 

香りはどう身に着ける?

では、どんな香り(フレグランス)を、
どんなふうに身に着けるべき
でしょうか?

 

まず最初に申し上げたいこと。

あなたが、自分の印象を大切にしたいなら
安易に選んだものを安易につけてはいけません

香りほどイメージを左右するものもないし、
香りの種類やつけ方によっては
「ハラスメント」や「マナー違反」になることもよくあるからです。

 

そして、

あなたが人に与えたい印象に沿ったものでなければいけません
香りはその人の「第二の輪郭」
あるいはその人が残す「影」
です。

自分というブランドにふさわしい香り、と思って選んでください。

 

そしてビジネスではやはり「爽やかさ」「清潔感」が大事です。

「濃い香り」つまり香りの元となるエッセンスの濃度が高いものや
ムスクなど動物系の香り成分が強い香り、スパイスが強い香りは避けてください。

 

そういったフレグランスは、
TPOで言えば夜の時間帯などでふさわしいもので、

昼間のビジネスで信頼感や有能さを感じてもらうには向きません。

 

また、特にヨーロッパの有名ブランドの香りは
ドライな気候や
香りのおしゃれに慣れた人々が多いという環境に
合わせて作られたものです。

日本の気候に合わないところがあります。

ですから、ヨーロッパに習ったつけ方を、
ウェットな日本の気候で
しかもまだ香り文化が浸透していない日本でそのままやると
「においハラスメント」になりかねません。

 

フレグランスは香りの濃度で数種類あり、濃度が高いものから

「パルファム」

「オードパルファム」

「オードトワレ」

「オーデコロン」

と順に薄くなっていきますが、
香り初心者の方は、オードトワレくらいがちょうどいいと思います。

 

オードトワレの香りが保てるのは長くても5時間くらい、
早いものは1~2時間くらいで目立った香りはなくなるそうです。

ただ、日本でのビジネスなら後はアトマイザー(小分け容器)でもっておき、
1回つけ足すくらいでいいはずです。

image_herb

男女ともに
日中のビジネスでは、さわやかな清潔感のある香りがいいですね。

そして、そして自分が好きな香りであることも大切です。
香りは自律神経にも影響します。
つけている香りのせいで
自分がリラックスできないと
生産性にも影響する恐れがあります。

 

つけるなら、
最初は服を脱いだウェストあたりにしてみましょう。
様子を見て、手首や耳の後ろあたりもいいですね。

少し濃い香りのようだったら、
足首かひざ裏あたりからはじめましょう。

スプレータイプのものなら
自分のななめ上の空間にシュッとひと吹きして、
その霧の中に入るくらいのつけ方も良いです。

 

今から自分の香りを選ぶなら

香りが手に入りやすいのは
百貨店などのフレグランスコーナーですね。

あとはファッションのセレクトショップなどが
イメージに合うものを扱っている場合もあります。
インテリアのセレクトショップも多いですね。

女性ですと、コスメブランドの多くで手に入りますし
男性も男性専用店(阪急メンズ館など)には
洗顔料やシェービングクリームなども合わせて
同じ香りのシリーズで出ているブランドもあります。

オーガニック生活用品のショップでは
自然派でユニセックスな香りも楽しめます。

いずれで選ぶにしても、
すぐに決めないでください。

直感は大事ですが、
香りには「相性」が必ずあります。

また、香りは変化しますので
つけたての香りで「好き」と思っても
残り香くらいの段階であまり好きではない、
ということもよくあります。

何度か試し、
時間を置いた状態での香りも試して
最終的に決めましょう。

 

 

 

 

「ワンステージ上の雰囲気を身につける」
無料講座では、簡単なアンケートに答えると
「香り読本」がプレゼントされます。
ぜひこの機会に始めてください↓