一流の大人を仕上げる「香りのまとい方」

 

シャネルは
「香水をつけない女性に未来はない」と言いましたが、
それは女性に限らず全員の大人に言えるでしょう。

 

人間の嗅覚は脳に直結する器官。
「香り」とうまくつきあい
必要であればビジネス時に
「香りマネジメント」を行える人は
一歩未来に先んじていける人と
言えそうです。

一流の大人を仕上げる「香りのまとい方」とは?

 

「香り格差」にがあることに気づこう

 

女性・男性、関係なく香りはつけこなしたい

最近、色々と「二極化」「格差」が言われますが
ビジネスパーソンを見ていて感じるのは
「香り格差」です。

「装い」は衣服だけにあらず。
身だしなみに気を使い、
衣服だけでなく小物など
装い全般に気を使う、
大人ビジネスパーソンが
男女とも増えてきました。

特に「香り」は
その人の「格」を上げる
ファクターです。

装いの仕上げという感覚で
「香り」に親しみ、
うまく使っている人は
日常のシーンでも際立ちます。

特に今常態化している「マスク」。
人の鼻腔を覆っているので、
その分、
香りを感じなくなっているかと思いきや、
香りやにおいは簡単にマスク生地を
くぐり抜け、しかもマスク内に
とどまるため
今までよりも外のにおいを
強く感じるようになりました。
余計に注意と工夫が必要です。

「香り」の前に「におい」に注意しよう

 

嗅覚は理性よりも感情、
あるいはもっと根源的な
記憶や本能に働きかけると
言われています。

(例えば、昔嗅いだ香りを嗅ぐと、
昔の記憶が一気によみがえったりしますが、
その際に感情も揺り動かされるような気が
することがありますね。)

人の「香り」あるいは「におい」は、
その人の印象に重大な影響を及ぼします。

「良い香り」がふわっと漂う人には
ほとんどの人が魅せられ
印象を深くします。

反対に、
人は他人の口臭や体臭など
気になるにおいに触れると
どこか生理的に受け付けたくない
感覚を覚えてしまいます。

ですから、
身だしなみを考える時には
「体臭」「口臭」防止に
細心の注意が必要です。

「香りのおしゃれの前に
身だしなみを完璧に」
という意識が大事です。

なお、「自分には体臭はない」と
思い込んでいる方が多いですが
それは間違いだと言えます。
確かに日本人は比較的
体臭は淡白だと言えます。
しかし、
人は自分のにおいを
自分ではあまり感じないものです。
誰でも体臭は「ある」と
覚えておいてください。

「良い香り」と感じさせる「つけ方」と「つける場所」を覚えておこう

 

また良い香りでも
つけ方を間違えたり
過剰につけすぎたりすると
悪臭と同じ印象になります。
香りのまとい方には
ある程度「知識」が必要です。

まず
ダイレクトに人の「鼻孔」に届いてしまう
場所につけるのはやめておきましょう。

よく「首や耳の後ろ」につける人が
多いですが、このような上の場所は
少なくとも初心者には向きません。

専門家が推奨するのは
ウエストの両脇や二の腕あたりです。

強く個性ある香りは、もう少し下、
例えば下半身。太ももの内側や
くるぶしの辺りや膝の後ろも
良いそうです、

一番避けるべきなのは「わき」。
汗と香り成分が入り混じり
イヤな臭いも一緒に立ち上りやすことが
理由です。

なお、香りの専門家は
「かならず素肌にまとうこと」と
言います。

もちろん、
アルコールや香料に肌が
負けてしまいそうな人には
勧めませんが、
肌に直接つけると
表面の熱が香りをふわりと漂わせ
香りが持つ魅力が引き立つのです。

いかがでしょうか。

「良い香り」は
正面からわかるオーラではなく
横や後ろで気づく
揺らめく光のように
あなたの印象を強めます。

そして、香りやにおいは
一瞬だけの印象で終わりません。

嗅覚は脳に直結する器官と
言いましたが、
特に長期記憶や感情を司る
部位に大きく影響します。

「なんだかいい香り」という印象も
「イヤなにおい」と感じさせた時の
負のインパクトも
あなたの他の印象要素とともに
相手の記憶に長く残ることを
覚えておいてください。

 

 

 

 

丸山 ゆ利絵

プレゼンスコンサルタント®/アテインメンツ合同会社 代表

 

 

 

 

本当にデキる人”になりたい方のための「10の秘訣」がメールで学べる

 

無料講座

無料で購読開始









 

読者登録はこちらから

メールで更新情報をお届けします

いつでも見られるオンデマンド講座